カテゴリー

相続

次の様なお悩みをお持ちの方はご相談下さい。

弁護士の水谷真実の写真です

相続は、解決までに時間がかかることがよくあります。
親族間の感情的なトラブルが生じることがあります。また、高齢の方がいる場合は認知の能力の問題等がからんできます。
相続人が遠方に居住している場合もあります。
どのようにしていくのが良いのか、解決までにどのくらいかかるのか等について、アドバイスや支援をいたします。

  • 親族間で相続についてもめている
  • 親族と感情的に対立して話し合いにならない
  • 遠方に住んでいる親族がどうやら多額の遺産を独り占めしているようだ
  • パートナーに相続させたいがどうしたら良いか?
  • 父親の財産を母が相続すれば良いのか私が相続すれば良いのか悩んでいます

遺産分割でお悩みの方へ

  • 親類と疎遠なので、相続についてどうなっているのかよく分からない
  • 相続人の1人の弁護士が通知書を送ってきたがどうしたものか

ご身内の方が亡くなられて、相続が行われます。
スムーズに相続が行われる場合はもちろんあります。

一方、相続人の仲が良くなかったり、遠方に居住していて疎遠の場合があります。
そのため、遺産分割で争いになることがあります。

遺産分割の話し合いは、時間がかかりがちです。
遺言書はあるのか、遺産を隠している相続人はいないか、相続財産をどのように分割するかなどのために、時間がかかります。

遺産分割の調停

遺産分割の話し合いがまとまらない場合は、調停を申し立てることになります。
調停の流れなどを次のページにまとめております。

借金を相続したくない方へ(相続放棄)

親や親類が亡くなると、相続となります。

相続により、親や親類の財産を取得します。また、借金があれば、借金も相続します。
借金の方が多い場合、相続放棄の手続をすることになります。
次のページに詳しくまとめております。