カテゴリー

不動産

次の様なお悩みをお持ちの場合ご相談下さい。

弁護士の水谷真実の写真です
弁護士水谷

不動産のトラブルは、お金等が絡み紛争になりがちです。
なるべく、円満に解決するようにします。
やむを得ず裁判になる場合は、迅速に妥当な解決となるよう力を尽くします。

  • 建物から退去してくれないので、退去させたい。
  • 転借人だが訴訟になった。今後も建物を利用したい。
  • 敷地の一部を貸したら相手が行方不明になった。敷地上の残置物を撤去したい。
  • 屋上に太陽光パネルを設置する契約を結んだが、撤去したい。
  • 高齢の親が悪徳業者と不動産の売買契約を締結してしまった

建物の賃借人と折り合いが悪い場合

賃借人と折り合いが悪かったり、信用できない場合があります。

例えば、賃借人が勝手に又貸しをしていたりする場合などです。

この場合、まず、自分がどうしたいのか、考えてみましょう。
・賃借人に建物をでていって欲しいのか
・賃料を増額したいのか
・違反行為等を止めてくれれば良いのか

など、自分がどうしたいのか、まず考えてみましょう。

なお、不動産屋さんに全て任せて交渉をさせようとされる賃貸人がおります。
しかし、不動産屋さんに全て任せることは、非弁行為です。違法です。

建物からの立退きの請求

貸している家から立ち退いてもらいたくても、賃借人が立ち退かない場合があります。

賃借人が家賃を滞納していたり、引っ越し代がない場合があります。

賃借人と粘り強く交渉することになります。
不動産会社さんを間にいれて交渉することもあります。

そして、賃借人と書面で合意をするのが良いでしょう。
合意書は、インターネット上に雛形の書面が沢山あります。
弁護士なら、状況を踏まえた合意書を作成することができます。

合意書の内容としては、
・退去日を記載する
・退去日をすぎたら、1日1万円を支払うなどどする
などが良いです。

弁護士の活用のしどころ

弁護士が代わりに交渉します。

早く立ち退くよう、交渉します。
立退きの際に支払う金額も、妥当な金額となるよう交渉します。

借地権の更新

借地権の更新についてお悩みの方、ご相談下さい。

親が悪徳業者と不動産の売買契約をしてしまった

親が悪徳な不動産業者に騙されて、不当に安い金額で不動産の売買契約を締結させられることがあります。

悪徳業者は、矢継ぎ早に連絡をしてきて、契約や登記の移転を進めようとしてきます。

しかし、あわててはいけません。

不動産を守ることが第1です。
警察などの関係各所に相談にいったり、不動産業者と交渉して円満に解決を図るべきです。

場合によっては、悪徳業者が不動産の仮差押えをしてくることもあります。
この場合、あわてないで対応することが大切です。

弁護士の活用のしどころ

様々な対応策をアドバイスします。

一緒に警察署などの関係各所へ同行します。

円満に解決がなされるよう、不動産業者と交渉します。

悪徳業者が矢継ぎ早に連絡をしてきたりしても、動じません。

不動産が失われることのないよう、最善を尽くし、悪徳な不動産業者と闘います。

不動産業者との売買契約のトラブルの際の苦情の窓口(行政)

国土交通省や都道府県の役所に、相談窓口があります。

2つ以上の都道府県に事務所を設置している不動産業者は、国土交通省が相談窓口です。
国土交通省のホームページ内の「地方整備局に関する窓口」に連絡先の記載があります。
なお、このページに記載されいている部署以外にも、相談窓口が設けていることがあります。

1つの都道府県に事務所を設置している不動産業者の場合は、各都道府県の役所が相談の窓口です。
国土交通省のホームページ内の「都道府県に関する窓口」に連絡先の記載があります。
なお、このページに記載されいている部署以外にも、相談窓口が設けていることがあります。

不動産トラブルによる行政処分や裁判例の検索について

RETIO(一般財団法人 不動産適正取引推進機構)

RETIO判例検索システムを利用できます。
様々な取引場面における判例が掲載されております。

国土交通省~不動産トラブル事例データベース~

国土交通省のホームページ内に掲載されております。
行政処分の場面や裁判所の裁判例が、まとまって掲載されております。

不動産に関するブログはこちらです

弁護士水谷真実の写真
弁護士水谷

不動産に関する悩みの解決に役立つブログを書いております。

記事は以下にあります。
各記事をお読みいただけると、嬉しいです。

投稿ナビゲーション