【自己破産・債務整理】借金でお悩みの方へ

次の様なお悩みをお持ちの場合、ご相談下さい。

弁護士の水谷真実の写真です
弁護士水谷

「今の悩み、弁護士に相談していいのかな?」と思われるかと存じます。

次のようなお悩みなどをお持ちの方は、弊事務所にご相談ください。

お力になり、悩みや苦しみを無くします。

  • 借金が膨らんでしまった。これからどうしたら良いのか?
  • 弁済しているけど、元金が減らないです。
  • クレジット会社から、支払い請求のはがきが届きました。電話もかかってきます。
  • 親に知られずに自己破産をしたいです。
  • 親が自分名義の預金をしていますが、この預金は残して自己破産したいです。
  • 他の法律事務所に以前任意整理を依頼しました。今回、自己破産の手続をしたいです。

借金は本来返済をしなくてはなりません。

しかし、病気や失業などでやむを得ず返済ができない場合があります。
この場合、そのまま何もしないと、債権者から支払い請求の葉書が届いたり、何度も電話がかかってきます。

そこで、弁護士が代理人となって、借金を無くしたり、計画的に無理なく返済できるようにすることができます。

自己破産という言葉は、聞かれたことはあるかと思います。
どちらかというとマイナスのイメージを持っていることでしょう。

しかし、自己破産は、人生をやり直してまたきちんと生活していくための手段の1つです。
決して、ネガティブな事柄ではありません。

20代、30代の方へ

次の様なお悩みの方はご相談下さい

  • ホストクラブに通って多額の借金をしました。自己破産できるの?
  • 病気になり一気に借金が膨れ上がりました。自己破産をして人生をやり直したいです。
  • 債務整理をして生活を立て直し、結婚したいです。

借金が数百万円となり、すごく苦しい状況かと存じます。

自己破産の申立てをして人生を再出発することも1つの手です。

一方、20代、30代と若いので、自己破産をしないでまずは任意整理を利用して借金を返済していくという選択肢も忘れないで下さい。

債権者(金融機関など)は、自己破産を選択できるのにあえて任意整理の方法を選択する若い債務者に対して、寛容な対応をすることがままあります。
分割払いの期間を通常より長くすることに同意してくれたりします。
無理なく返済していけるように配慮してくれます。

将来に向けて、どのように向き合って取り組むのが良いのか、アドバイスします。
一緒に考えて、生活を立て直していきましょう。

同居している家族に知られずにできるか?

同居している家族に知られずに任意整理をしていくことはできます。

弁護士が代理人として債権者と分割払いなどについて交渉します。
金融機関などの大手が債権者の場合は、弁護士をとびこえて本人に直接連絡してくることは通常はありません。

債権者から送られてくる書類などは、弁護士に届きます。
届いた書類は、同居しているご家族の方に知られずにお渡しすることはできます。

高所得者で依存症(買物など)の方へ

借金をする根本的な原因があるはずです。
専門の病院は数が限られますが、病院で治療することがまず大切です。

並行して、無理のない範囲で分割払いで借金を返済していくことになります。
どうしても借金の分割払いができないようならば、自己破産も視野にいれることになります。

毎月の家計状況がどうなっているのか、どのようなペースで返済をしていくのか等を一緒に考えていきましょう。

債務整理

毎月支払っていても、利息の支払いに多くが充てられ、元金がなかなか減らないと辛いですね。

任意整理(債権者との交渉)

任意整理は、裁判所がはいらない手続です。
弁護士が債権者と債務の分割払いの交渉をいたします。

債務を任意整理すると

  • 任意整理をする債権者が発行したカードが使用できなくなる(一体型カードの場合は、一体型カードを解約した上でキャッシュカードの再発行手続が必要です)
  • 電話料金やインターネット料金などの継続的なカード決済を行っている場合、支払い方法の変更手続が必要となる

となります。

弁護士の活用のしどころ(メリット)

弁護士が間に入ることで、債権者からの支払い請求の電話や郵便物がなくなります。

分割払いには、元本の他に利息もつけて支払っていたので、なかなか借金が減らなかったはずです。

しかし、弁護士が債権者と交渉し、将来利息はカットします。
また、依頼者の状況等を債権者に説明して理解させ、無理のない分割払いの期間とします。

将来の利息をカットして、長期の分割払いで支払っていきます。

解決までにかかる時間

債権者と和解が成立するまでは、1か月〜2か月かかります。

まず、弁護士が債権者に受任をした旨の通知を送付します。
郵送のこともあれば、FAXで送付することもあります。

その後、債権者から債務の金額などが記載された書面(債権届)が弁護士に送付されてきます。
この書面をうけて、弁護士が債権者と分割払いについて交渉をします。

交渉がまとまったら、最後は和解の書面を作成します。

自己破産

次のようなお悩みをお持ちの方はご相談下さい

  • 借金が膨らんでしまって返済ができない
  • 他の弁護士からは浪費だと言われて自己破産は無理だと言われた

自己破産は任意整理と違って、裁判所を介する手続です。

将来的に借金を支払っていくことができない(=支払不能の状態です)場合に、自己破産の申立てを考えることになります。

自己破産は、人生をやり直してまたきちんと生活していくための手段の1つです。
決して、ネガティブなものではありません。

解決までにかかる時間

だいたい、2か月~6か月くらいでしょうか。
状況により、まちまちです。

弁護士に依頼したあと、弁護士が債権者に自己破産をする予定の旨の連絡をします。
そして、債権者から過去の取引履歴などの資料を取り寄せます。

同時廃止という管財人をいれない自己破産の手続の場合、弁護士は準備に時間がかかります。
債権者の数が多い場合だと、資料の取り寄せなどで時間がかかります。
債権者が保証会社から保証をうけて、保証会社が求償権を行使すると、保証会社からの資料の取り寄せにさらに時間がかかります。

個人再生

個人再生とは、裁判所を介して、借金の金額を大幅に減らして、分割払いで支払っていく手続です。

個人再生が認められる大きなメリットの1つとして、住宅ローンがある場合における、自己所有の自宅を手放さなくて済むということが上げられます。
ですので、住宅ローンがある自宅を所有している場合には、個人再生を検討すると良いです。

消滅時効

次の場合はご相談下さい

  • 何年も前の借金なので時効にかかっているのではないか。
  • 他の弁護士に民事再生の手続を依頼したが、その後なにも進んでいない

借金があっても、時効により借金を支払わなくてもよい場合があります(消滅時効)。

しかし、消滅時効を主張するには、「消滅時効の援用」を債権者に伝えなくてはなりません。
通常、内容証明郵便により債権者に消滅時効の援用の通知を送ります。

弁護士の活用のしどころ

消滅時効にかかっているかどうかは法的な判断が必要です。
消滅時効が何年か、いつから進行しているのかなどの判断が求められます。

また、内容証明郵便で債権者に消滅時効の援用の通知を送る場合、内容証明郵便の作成には細心の注意が求められます。
書面の作成に、神経を尖らせて、法的に正しい内容となるように気をつかい、作成します。

弁護士にご相談下さい。
債権者に消滅時効の援用を通知して、借金の苦しみから解放します。

解決までにかかる時間

1〜2週間ぐらいです。

弁護士は、依頼を受けたら即座に消滅時効の援用の通知書を作成して内容証明郵便で債権者に送付します。
債権者が時効中断の行為、例えば裁判所に訴えるとかする前に、消滅時効の援用をしなくてはなりません。

内容証明郵便の通知が債権者に送付されると、1週間ぐらいして、債権者から弁護士に連絡がきます。
そして、弁護士が送付した書面の時効援用を認めるとの回答をうけて、終了となります。

費用

任意整理(債権者との交渉)

着手金
1社2万円(消費税別)
報酬金
1社2万円(消費税別)
  • 分割払いももちろんお受けします。お気軽におっしゃって下さい。
  • 分割払いの毎月のお支払金額などについては、お気軽にご相談下さい。
  • 報酬金は、債権者と和解が成立した場合にいただきます。

自己破産(裁判所への申立て)

着手金
1社2万円(消費税別)
報酬金
1社2万円(消費税別)
  • 分割払いもお受けいたします。お気軽にご相談下さい。

消滅時効の援用

債権者1社
2万円(消費税別)
  • 報酬金はかかりません。着手金のみです。
まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時