陳述書の作成の仕方等について

弁護士の水谷真実(→プロフィールはこちら)です。

陳述書の作成について

裁判で、尋問の前に提出する陳述書の作成についてです。

陳述書は、まず、パソコンのWordかテキストファイルで、だいたい3枚~5枚を目安に作成してみます。

裁判において、大きな争点があるはずです。
離婚の場合ですと、婚姻関係を継続しがたい重大な事由があるなどです。

法廷での尋問も、この争点を中心に聞くことになります。
ただし、尋問の時間が限られております。
そこで、尋問では話せない部分について、陳述書で補うという側面があります。

陳述書は、裁判で主張立証してきた書面の内容と重なることが多いです。
そこで、提出した書面の内容を確認しながら作成すると良いです。

弁護士の活用のしどころ

陳述書をとりあえず作成したら、弁護士と打合せをします。
陳述書の最初から順番に読み合わせをして、内容を確認していきます。
修正した方が良い部分や、もっと具体的に示した方がよい部分などを明らかにしてきます。

陳述書の作成で気をつけること

判例を意識することが必要な場合があります。

例えば、親子関係不存在確認の訴えについてです。
判例は、外観説という立場をとります。
すなわち、夫の失踪、在監、外国滞在、夫婦の事実上の離婚など父子関係があることがあり得ないことが外観上明白な場合のみに限定して、親子関係の不存在を認める内容です。

※親子関係不存在確認の訴えの注意点などについては、次のブログに記載をしております。


そのため、陳述書にかかる立場と矛盾する内容、例えば、一緒に同居をしていた時があるなどど記載をすると、判例と矛盾することになります。

弁護士の活用のしどころ

弁護士と相談して、法律や条文、判例との関係で、どのような陳述書を作成するべきか話し合うと良いです。

陳述書の作成の流れについて

原告と被告の主張立証が一通り行われ、和解もできないときがあります。
そのため、争点について事実を明らかにするために、尋問を行わなくてはならない場合があります。
すると、次は尋問という際に作成をします。

裁判で主張立証が行われる

裁判の期日において、主張や立証が行われます。
原告と被告の主張立証が一通り行われ、和解もできないとなれば、次は尋問となります。

原告と被告の陳述書の作成となります。
その他に、証人予定の人の陳述書の作成も行われます。

陳述書の提出時期や内容が変更することがある
次回の期日で陳述書の提出をとなっても、状況が変わることがあります。
当事者の一方が、新たな証拠が得られたとして、陳述書の提出前に新たな証拠を提出したいと主張してくることがあります。
そして、当事者の一方は他方の当事者に対して、新たな証拠等について、次の期日で回答することを求めてきます。
そのため、陳述書の提出時期や予定していた陳述書の内容が変更することがあります。

証拠申出書と陳述書の提出

裁判所の期日において、証拠申出書が提出され、証拠として陳述書が提出されます。

参考になるサイト

陳述書の作成は、次のサイトなどが参考になります。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。


welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士7年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。