デリバリーヘルスでの意図しないトラブルと対応方法

弁護士の水谷真実(@41bengo)です。

デリバリーヘルスで女性をホテルに呼んで、意図しないトラブルに巻き込まれることがあります。
どういう対応が考えられるのか、書きます。

女性が2人くる場合

デリバリーヘルスでのトラブルの防止


女性が複数部屋にくる場合、トラブルに発展する場合があります

たとえば、お店に女性を1人依頼したところ、お店の人が、今日はすいているので、女性をもう1人向かわせますねということがあります。
このような場合は、注意が必要です。

なお、お店からの事前通知で、最後まではだめですと言われていたとします。

ホテルの部屋で…

部屋で、女性がうつ伏せになり、男性がいわゆるすまたをしていたとします。

そうすると、もう1人の女性が、突然、「最後までしている」と言ってくることがあります。
そして、お店の人に連絡をして、お店の人を呼ぶのです。

男性としては、自分が最後までしているのかはよくわからないので、混乱をしてしまいます

男性にできる対処方法

警察を呼ぶ

お店の人や女性たちとのトラブルを防ぐために、警察に電話をしてきてもらいましょう。

警察としては、刑事の事件にはなっていないので、当事者同士でやりとりしてくださいと言うでしょう。
ただ、警察が間に入っていると、重大なトラブルに発展することを防ぐことができます。

安易に勤務先などを教えない

お店の人が、きつい口調で、勤務先や名前などを聞いてくるでしょう。
ただ、勤務先までは教える必要はありません。
名前と電話番号ぐらいにとどめましょう。

示談(和解)を要求されたら?

お店の人が、示談(和解)をやんわりと要求してくるかもしれません。
あまりきつく金銭を要求していると言われてしまうと、恐喝罪 となることがあります。

そこで、具体的な金額などは伝えないで、やんわりと要求してきます。
金額は、お客さんである男性が提案することになります。

対応としては、弁護士に交渉を任せるというのも1つの手でしょう。

金額を伝えるにしても、少な目の金額をいうとかしましょう。

どうしても支払うなら、治療費相当のお金(2~3万円)が本来は妥当な金額でしょう。

なお、示談書(和解書)にサインすると、法的な効力が基本的には生じます。
そこで、安易にサインをすることはやめましょう。

最後に

普段よくいくお店で、自分が常連さんだと思っても、トラブルに巻き込まれることがあります。

重大なトラブルになることを避けるために、高い授業料だと思って、支払うことも1つの手ではあります。
ただ、お互いがきもちよく過ごすためにも、事前にしっかりとコミュニケーションをとって、トラブルにならないようにしたいところですね。


まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。