宅配便屋さんに妻が寝取られた場合の対処方法(平成30年2月13日(火)のブログです)

弁護士の水谷真実です。

妻の様子がおかしくて、夫が家にカメラを置いた結果、妻が宅配便屋さんと不倫をしていることが判明することがあります。

妻が宅配便屋さんと不倫をしていることが分かった場合、夫は相当なショックだと思います。
この場合、夫としてどのような対処方法があるか、書きます。

損害賠償(慰謝料)の請求をする

夫(相談者)

私はサラリーマンで、妻は専業主婦です。妻の様子がおかしいので、家にカメラを設置したところ、妻が宅配便屋さんと不倫していることが発覚しました。

ショックです。許せない。不倫相手の宅配便屋さんをなんとかしたい。どうしたらいいでしょうか。

弁護士 水谷

このような場合、不倫をした宅配便屋さんに対して、慰謝料を請求することが考えられます。
交渉次第で、金額がかわります。勤務先の宅配便会社にはふせる代わりに、慰謝料を多くもらうことも考えられます。


また、宅配便の配達を通じて知り合って不倫をしたので、宅配便屋さんが勤める宅配便会社に対して損害賠償請求をすることも考えられます。

夫(相談者)

損害賠償請求して、お金を請求できるならもちろんとりたいです。

ただ、不倫相手の宅配便屋が許せない。

その宅配便屋に対して不倫を問いただしたところ、家のドアを蹴って壊し、そして、殺すぞなどの暴言を吐いてきました。宅配便会社を首にしてほしいです。

どうしたらいいでしょうか。

以上のように、損害賠償の請求ができます。
具体的には、

  • 不倫相手(宅配便屋さん)
  • 宅配便会社

に対して損害賠償請求することが考えられます。

宅配便会社にはどういう場合に損害賠償できるの?

宅配便屋さんが、勤務中に奥さんと知り合った場合には、請求ができるでしょう。

何故なら、宅配便屋さんは、宅配便の配達を行って、奥さんと知りあったからです。
宅配便の配達という、業務において知り得た情報を元にして、不倫をしているからです。

損害賠償以外の方法は?

損害賠償の請求は当然行うとして、他に、夫の気持ちを晴らす方法はあるでしょうか。

この点については、宅配便会社に連絡をして、具体的に話をしてみるのがいいかと思います。

会社として、状況に応じた対応をとるはずです。

配置転換

不倫をするような者は、現場にはおいておけませんよね。
そこで、内勤などに配置転換になることがあるでしょう。

会社内の懲罰委員会

宅配便会社の担当者に連絡をして、状況を説明するといいでしょう。

そうすると、宅配便会社の担当者は、その不倫相手の宅配便屋の人から、事情をいろいろときくことになります。

そして、宅配便会社内で(不)定期に開かれる懲罰委員会で、懲罰にかけられることもあります。

今回の場合は、不倫相手の宅配便屋は、宅配便会社で知った情報を用いて不倫を行っています。かつ、物を壊しそして殺すぞとまで暴言を吐いています。

そこで、このまま宅配便の配達業務に従事させているわけにはいかず、懲戒処分もありえるでしょう。

最後に

不倫をされた夫としては、とても辛いことです。
このようなケースは、長くかかることもあるので、会社に勤務しているのなら、社内のカウンセラーにも相談された方がいいです。

夫婦でしっかり話し合いをすることも一つの手です。
ただ、将来的に離婚や慰謝料を考えているのならば、安易に打ち明けない方がいいかもしれません。弁護士と相談しながら、良い解決方法を考えるべきです。

まこと法律事務所での依頼者との相談

お電話のお問い合わせはこちら

ブログなどを読んで、もっと聞いてみたいなということがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

その他、不安や悩みなどがありましたらご相談下さい。

お電話での時間:午前9時から午後8時までです(土曜日は、午前9時から午後5時までです)

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。