交通事故の加害者の保険会社から示談金(慰謝料)の提示を受けた時に、そのまま受け取っていい?平成30年3月24日(土)

車をとめてどうしたらいいか考えているところ

【事例】
友達の車の助手席に乗っていて交差点で停まっていたら、追突をされました。そして、追突の衝撃で、首がむち打ち症になり、数ヶ月ほど接骨院などで治療をしました。

相手の保険会社から、慰謝料として150万円の提示がありました。150万円ももらえるなら良いかなと思っているのですが、そのまま合意して良いのかよく分からないので、相談したいです。過失割合は、100:0で、加害者が100%悪いです。


 

慰謝料が妥当な金額か悩んでしまう

加害者の保険会社から入通院の慰謝料の提示があった場合、妥当な金額なのか悩むかと思います。
150万円ももらえるならいいかなと思う反面、どなたに相談していいのだろうか、弁護士に相談していいのかなと悩むかもしれません。

加害者の保険会社は、特に理由も述べることなく、この金額でお願いしますといってくるかと思います。そして、被害者の人が加害者の保険会社の担当者に、もっと金額をあげて下さいと要求しても拒否をされてしまうことになるかと思います。

しかし、弁護士に加害者の保険会社との交渉を依頼してみると、もっと多くの慰謝料が手に入ることがあります。

弁護士が間にはいるとどうなる?

すなわち、加害者の保険会社は、弁護士が間に入ってくると、弁護士だからということで支払うべき慰謝料の金額を上げてくることがあります。

加害者の保険会社は、自社で使用している計算式に基づいて、被害者に対して慰謝料の提示をしてきます。
だいたい、弁護士や裁判所が用いている計算式でだされる金額の7~8割ぐらいの金額を提示してくるかと思います。

しかし、弁護士が間に入ることで、加害者の保険会社は弁護士や裁判所が用いている計算式でだされる金額の 9割ぐらいを提示することもあります。

さらに、争われている慰謝料の金額が少ない場合には、加害者の保険会社としては、裁判をしてまで争いたくないし、早く解決をしたいという考えをもっている場合もあります。
そこで、粘り強く交渉をすれば、裁判にならずとも、ほぼ満額で合意になることもあります。

自分で合意をする前に、とりあえず弁護士に法律相談にいってみて、いろいろ質問をして疑問点を解消するのも有効かと思います。

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみて下さい

高齢者へ建物の退去を求める際に大家さんが留意すること(平成31年2月4日のブログです)... 弁護士の水谷真実(みずたにまこと)です。 高齢者の方が借家の賃料の支払いを滞る場合があります。 この場合、最終的には借家を明け渡してもらうことになります。 その際における、大家さんの心構えや意識することをブログに書きました。   躊躇せず行動(裁判など)する方が良い  ...
鹿児島在住の方から鹿児島の裁判を依頼されて…不安は杞憂だった鹿児島での裁判(平成30年8... こんにちは。 弁護士の水谷真実(@41bengo)です。 しばらく前に、鹿児島の事件の被告側の依頼をうけて、鹿児島地方裁判所での裁判を担当しました。 私は東京ですので、裁判は電話会議となります。 ただ、電話会議でも、事前にしっかり準備をして臨めば、十分対応することができました。 そこで、このこと...
建物の立退き交渉の問題点と対処方法(平成30年9月5日(水)のブログです)... 自力での立退き交渉について 貸している建物を新しく別の目的で使いたいので、立ち退いてほしい場合があります。 しかし、地力で交渉しても、すんなりとうまくいかない場合があります。 特に貸している建物の条件が良い場合などです。 駅に近かったり、 家賃が相場より近かったり、1階にあったり、建物と駐車場...
事件を起こした留学生の在留期間の延長の許可の難しさ(平成30年9月8日(土)のブログです)...   留学生が何か事件を起こすと、未成年者であって少年審判で保護観察となったとしても、在留期間の更新は難しいなと感じた件です。 留学生の少年事件 以前、 軽いアルバイト感覚で他人名義のカードで物を買うように頼まれた結果、逮捕されて少年審判になった中国人の少年の事件を担当しました。 そ...
病気が原因で従業員や取引先とコミュニケーションがとれなくなった方を代理する場合の弁護士の役割... メンタルの病気が会社経営をやめなくてはならないとき 会社を経営していたけれども、ご病気により会社をたたまなくてはならないときがあります。 この場合、例えば躁鬱病などの病気にかかっていると、従業員さんや取引先とのコミュニケーションがうまくいかず、トラブルになることがあります。 躁鬱病の場合は、薬...

お電話問い合わせ

ブログなどを読んで、もっと聞いてみたいなということがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

その他、不安や悩みなどがありましたらご相談下さい。

お電話での時間:午前9時から午後8時までです(土曜日は、午前9時から午後5時までです)