男性からの離婚のご相談の特徴(平成31年1月13日のブログです)

男性の場合1人で悩みを抱える方が多いです

弁護士の水谷真実(みずたにまこと)です。
私は、離婚の相談は、現状は、女性よりも男性からのご相談が圧倒的に多いです。

そこで、男性の離婚のご相談の特徴について書きたいと思います。
現在、離婚するかどうかについて悩まれている男性の方が読まれて、参考になればと思います。

 

男性の離婚についての悩み

 

離婚についてのご相談をうけますが、女性よりも男性からの相談がとても多いです。

男性の場合、1人で悩みを抱えていて誰にも相談をされていない方が多いです。
まだ離婚していず、奥さんと同居していても、将来がとても心配な方がいらっしゃいます。

仕事が忙しかったり、自分で解決できると思っているうちに予想とは異なる状況になって不安になってくるのだと思います。

将来、調停や裁判になった場合には離婚が認められてしまうのか、妻の不倫で悩んでいる、子供の親権はを必ず獲得したい、有責配偶者であるが離婚するにはどうしたらよいかなどです。


事態が悪化する前の同居している段階から相談されるというのは、とても大切なことです。

 

自分で調べて考えることも大事ですが、限界があります。
離婚の悩みについて人と話すことで、理解が進んだり悩みが解消されます。

男性の場合は、1人で抱え込んでらっしゃる方が多いかと思うので、積極的に第三者に対して相談することを心がけた方が良いのかなと思いました。

そして、法律相談で話をして、現状の対応策や将来の見通しなどを話されると、安心されている方が多いと見受けられます。

 

ホッとくつろいでいる状態

 

最後に

なお、私の場合は、離婚問題については女性よりも男性からの相談がとても多いです。
女性からの相談ももっときてほしいなと思う今日この頃です。

夫からこういう主張が予想されるとか、男性の心理を踏まえて対応できるかと思います。

→まこと法律事務所の離婚のサイトはこちらです。
  女性よりも男性からのお問い合わせが多いです。。
  

 

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみて下さい

偽装結婚の容疑で逮捕された被疑者が起訴されないために自分でできること(平成29年2月17日のブログで... 偽装結婚の容疑で逮捕された場合、どうなるか 偽装結婚、すなわち、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の容疑で逮捕・勾留された場合、勾留は20日間ぐらいいくかと思います。 特に、夫婦揃って逮捕勾留された場合、接見禁止になることあるし、被害者がいる犯罪ではないし、弁護士としては、なかなか弁護がしずらい...
病気が原因で従業員や取引先とコミュニケーションがとれなくなった方を代理する場合の弁護士の役割... メンタルの病気が会社経営をやめなくてはならないとき 会社を経営していたけれども、ご病気により会社をたたまなくてはならないときがあります。 この場合、例えば躁鬱病などの病気にかかっていると、従業員さんや取引先とのコミュニケーションがうまくいかず、トラブルになることがあります。 躁鬱病の場合は、薬...
交通事故の加害者の保険会社から示談金(慰謝料)の提示を受けた時に、そのまま受け取っていい?平成30年... 【事例】 友達の車の助手席に乗っていて交差点で停まっていたら、追突をされました。そして、追突の衝撃で、首がむち打ち症になり、数ヶ月ほど接骨院などで治療をしました。 相手の保険会社から、慰謝料として150万円の提示がありました。150万円ももらえるなら良いかなと思っているのですが、そのまま合意して良...
子どもの面会交流において、間接強制が認められない場合とは? 平成30年3月27日(火)... 【事例】 夫が暴力を振るったりするなどしたことから、離婚をして子供たちは妻側が引き取った。離婚後も夫が妻の自宅におしかけるなどしたが、警察が間にはいるなどして、なんとか解決をした。 養育費については夫から支払を定期的にうけている。子どもとの面会交流をどうするかについて争いがある。 面会交流につ...
鹿児島在住の方から鹿児島の裁判を依頼されて…不安は杞憂だった鹿児島での裁判(平成30年8... こんにちは。 弁護士の水谷真実(@41bengo)です。 しばらく前に、鹿児島の事件の被告側の依頼をうけて、鹿児島地方裁判所での裁判を担当しました。 私は東京ですので、裁判は電話会議となります。 ただ、電話会議でも、事前にしっかり準備をして臨めば、十分対応することができました。 そこで、このこと...

お電話問い合わせ

ブログなどを読んで、もっと聞いてみたいなということがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

その他、不安や悩みなどがありましたらご相談下さい。

お電話での時間:午前9時から午後8時までです(土曜日は、午前9時から午後5時までです)