メンズエステで女性の体に触った~お金を支払ったが再度の請求が不安な場合への対応~

40代男性(困惑)相談者
相談者

先日、メンズエステでマッサージをしました。
マッサージの前に、誓約書を書きました。
内容は、女性の体に触ってはいけません、触ったら100万円を支払います、等という内容です。

マッサージ中ですが、女性の体が、密着したり、僕の顔の前にきたりしました。
そのため、つい、女性の体を触ったり、キスをしてしまったのです。
すると、女性がお店の人を呼びました。
そして、誓約書違反だからということで、100万円の支払いを求められました。
一緒にATMに行ったりして、お金を下ろして、100万円を支払わされました。
一応、お店の人から渡された示談書みたいなのも書きました。

でも、なんだか不安です。
また、お金を請求されるのではないか、不安です。
そこで、弁護士さんに相談にきました。

弁護士水谷が考えている状況
弁護士水谷

示談書の内容にもよりますね。
示談書をお見せ下さい。
示談書の内容が不明確だったり、お店側や女性が、住所や名前をきちんと記載していない場合があります。

誓約書を書いたら女性の体に触ってはいけない

女性の体に触らない等という誓約書にサインした場合は、女性の体に触ってはいけません。
誓約書には、女性の体を触った場合は、100万円支払う等という内容の場合があります。

施術中、女性の体が極めて近いところに接近してきたとしても、我慢しなくてはなりません。
理性を抑えなくてはなりません。
我慢できなくなって、理性が抑えられなくなって女性の体に触ったり、キスをしたりすれば、違約金を払うことになります。
女性がお店のスタッフに連絡をして、触られたなどと伝えてしまいます。

誓約書に違反した場合

その場で、誓約書に基づき、例えば違約金として100万円を払うようにして迫られます。
お金を持っていない場合、帰らせてくれないことがあります。その場で、消費者金融からキャッシングするように迫られます。そして、お店の人と一緒にキャッシングするために連れて行かれることがあります。
合意書や契約書を渡されて、サインさせられることもあります。

すでにお金を支払ってしまった場合、後日、弁護士に依頼しても、そのお金を取り戻すことは難しいかもしれません。

再度の請求や家族に知られることが不安な場合への対処法

お店側が用意した合意書や契約書にサインをしてお金を払う場合があります。
この場合でも、内容が不明確であったり、お店側や女性が住所や氏名をきちんと記載していない場合があります。

弁護士の活用のしどころ

弁護士が代理人となり、お店側や女性と話し合いをいたします。

お店や女性にも弁護士が代理人となれば、話は早いです。
再度、合意書作り直して、新たに合意をすれば解決です。
合意書ですが、弁護士が代理人ですので、合意書には本人の住所を書く必要はありません。弁護士の住所や名前を代わりに書くことができます。

なお、女性にとっては、自分の本名を男性に明かしたくないでしょう。
この場合は、女性については、匿名で作成することもできます。
女性の氏名については、代理人弁護士どまりにして、合意書を作成することができます。

最後に

メンズエステでトラブルになり、お金をお店と女性に払ったけど、その後が不安な場合があります。
この場合は、弁護士に相談してみると良いでしょう。

その他の関連するブログ

メンズエステだけではないのですが、風俗に関するトラブルなどについて、対応等をブログなどに書いております。

一緒にご覧いただけたら、嬉しいです。

メンズエステ~いきなり女性の体にキス等した場合~
メンズエステで女性の体に触った~お金は払っていないが今後の不安への対処法~
風俗店の店外デートで深い関係になった後のトラブル対処法
風俗店で出会って、店外デートをしたときに高額のお金を要求する際の注意点
風俗店~交際解消について~

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。


welcome@41bengo.com

この記事を書いた人

アバター画像

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士9年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。