自己破産:自動車やバイクの査定について

房州(千葉)の温室のびわ

自己破産で、自動車やバイクを持っているとして、車屋さんの査定で20万円以上になると、破産財団に組み込まれ、原則として処分されることになります。

一方、バイクの査定が20万円以下だと、処分しなくてもよく、そのまま乗り続けることができます。

 

もし、自動車やバイクを乗り続けたいのに、査定で20万円以上でたら、どうしますか?

バイク屋さんによっては、自分がした査定を他のバイク屋さんに持っていかれてみせられることを嫌がる方もいます。

そのため、この点のフォローと、また、自分が把握しているバイクの状況などを説明したりすれば、違った査定になるかもしれません。

 

※表紙の写真
少し前に、千葉にすむ妹夫妻から送られたびわです。
上品な味で、美味しいです。

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローには事前相談の2倍の力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。