自己破産の申立て~親が申立人のために申立人名義でコツコツ貯めた預貯金はどうなるのか?~

借金に苦しむ人達をサポートする弁護士の水谷真実(@41bengo)です。

しょんぼりしている相談者
相談者

親が僕名義でコツコツと預金をしてくれていました。
ただ、自己破産をしたいです。自己破産の申立てをすると、親が積み立てた僕名義の預貯金はどうなるのでしょうか?
親に迷惑をかけたくないし、知られたくもないです。

弁護士の水谷真実の写真です
弁護士水谷

親には心配や迷惑をかけたくないですよね。

まず、自己破産の申立ての際、親が積み立てた申立人名義の預貯金があることは隠さず伝えることが必要です。

そして、裁判所には、上申書という形で、申立人名義になっているけど親の所有の財産であることを説明するべきです。

預金口座の存在を知らなかったこと

親が申立人名義の預金口座を開設していたことを最近まで知らなかった場合は、主張するべきです。

預金は両親の所有であること

両親が預金を申立人に与える意思は示していないことや、申立人も受け取る意思を示していないことを主張するべきです。
両親が預貯金を管理・保有していることを主張することになります。

印鑑や通帳やキャッシュカードを両親が保管しているのならば、両親が保管していると主張するべきです。

そして、その貯金口座から申立人が入出金をしていなければ、入出金をしていないことも主張するべきです。

最後に

自己破産を選択することは、ただでさえ苦しいことです。

その上、さらに、両親に知られて両親が悲しい思いをするとなると、やるせない気持ちになるかと存じます。
両親が悲しい思いにならないためにも、弁護士とよく打合せをして、どうすれば両親に知られないですむかアドバイスなどをもらうと良いですね。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士7年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。