理解しがたい弁護士さんの対応 (平成30年10月16日(火)のブログ)

疑問に思っている表情

ご依頼者の方から、当番弁護の先生の対応が不可解だったと聞いたことがあります。

話を聞くと、混んでいる電車に乗っていたところ、女性から触ったのではないかと言われ、そのため警察に逮捕されていたとのことです。
 
逮捕された際、当番弁護士の弁護士さんをよんだところ、その弁護士さんは何日間もずっと警察にいなくてはならないと言ったそうです。
そのため、不信感を抱いてその弁護士さんとの契約をやめ、弁護士がつかない状態だったのですが、勾留請求されずに3日ほどで釈放になったとのことです。

ただ、依然として容疑者のままであり、検察官から弁護士をつけた方がいいと言われて相談にいらっしゃいました。
 
なぜ、その当番弁護の先生はずっと身柄を拘束されると言ったのか、やりたくなかったのか、刑事弁護が分からなかったのか、不思議でなりません…

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみて下さい

実務修習地の私の選び方および配属後の感想... 自分の司法修習地の選び方 司法修習地の選び方は、人それぞれだと思います。 一般的には、 ・地元に近いところ ・就職活動に有利なところ ・大都会 かなと思います。 自分の場合は、フィーリングで選びました。 自分は仙台に住んでいたので、仙台から遠く離れた異なった環境で学びたかったことと、また、東...
2018年(平成30年)を振り返って及び2019年への抱負(平成30年12月31日(月))... 2018年(平成30年)を振り返ってみると、いろいろあったけど、あっという間の1年だったなという印象です。 日本青年会議所の京都会議や金沢会議、新宿区委員会のわんぱく相撲などに参加したこと   京都会議(1月)と金沢会議(2月)は、はじめて参加をしました。   ...
2017年を振り返っておよび2018年への抱負 平成29年12月31日(日)... 2017年を振り返って   独立開業 今年は、なんといっても、独立して、事務所を新大久保に開設して、そして準備をいろいろしていた1年でした。 開業したとき、司法修習を1年すごしたときにお世話になった先生からお花をもらったのは、嬉しかったです。 関連記事 静岡で学んでいたとき...
伊豆大島の事件を担当しての伊豆大島の感想... 伊豆大島は、伊豆諸島の1つの島で東京に1番近い島です。 伊豆大島内で争いとなった場合 伊豆大島は、人口が約8000人ほどで、島の真ん中に三原山がそびえ立つので、島の人々は島の周りをぐるっと囲むような形で沿岸部に住んでいます。 そして、島の人たちが住む大きな集落は、大体6ヶ所ぐらいなのか...
依頼者の方からサザエやほたてなどをいただき、嬉しいです 平成29年11月16日(木)... 事務所にいると、宅急便屋さんがきました。 発泡スチロールの荷物をうけとり、なんだろうとおもって伝票をみると、「サザエ」と書いてあります。 中をあけると、凍ったペットボトルが3本入っていて、1段目はサザエ・ほたて・はまぐり、2段目はサザエが入っておりました。 びっくりしました。 千葉に住む依...