【書評】「ガラパゴス」(相場英雄)を読んで(1万円選書で送っていただいた本)

弁護士の水谷です。

以前、いわた書店の1万円選書に当選しました。
そして、選書の1つとしてガラパゴス(上)(下)(相場英雄)を選んでいただきました。

普段、僕が手に取って読まないような小説です。
自分は何でも読む雑食なのですが、偏食傾向にあり、読まない分野の本もいろいろとあるのです。

そのため、本棚のなかにしばらく眠っていました。
しかし、文庫本サイズで持ち運びしやすいので、電車の移動の途中などに読んでみたいと思いました。
そして、電車の中等で、少しずつ読みました。

ガラパゴスのストーリー

ガラパゴスは、上下巻あります。
それなりに、長い小説です。

あらすじは、次のとおりです。

ガラパゴスのあらすじ
ガラパゴスのあらすじ

刑事が、自殺とされていた過去の事件について疑問に思い、再捜査をして、犯人にたどり着く、というストーリーです。

読んだ感想

刑事は、亡くなられた人の手がかりをえるために、全国あちこちに出張にいきます。
そして、現地の人と会って話し、現地のおいしい食事を食べます。

僕は、旅行やあちこちの場所に行くことが好きです。
B級グルメなどを食べるのも好きです。
読んでいて、自分がその場所に行った気持ちになりましたし、おいしい食事も知ることができました。

読んでいくと、段々と犯人に迫っていきます。
事実が少しずつ明らかになっていきます。
読んでいて、ワクワクしてきます。

警察組織のこと、自動車業界のことなどが、精緻に書かれています。
読んでいて、自分の知らないことが多く、勉強になります。

登場人物が、沢山でてきます。
複数の刑事、被害者の同僚達、被害者の故郷の人達、自動車業界の人達、犯人達です。
昔、司法修習生のとき、民事裁判修習で、指導の部長裁判官が、「全て体験することはできない。想像することが大切だ。」という趣旨のことをおっしゃっていました。
ガラパゴスは、様々な人達の立場を疑似体験することができます。想像力を豊かにしてくれます。

最後に

ガラパゴスですが、普段は自分があまり読まないジャンルの本です。
でも、面白かった。ためになりました。
ガラパゴスのようなジャンルの本をまた読みたいな、作者の相場英雄氏のその他の本をもっと読みたいなと思いました。

関連のブログ

いわた書店から1万円選書の本が届きました〜嬉しいです〜

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。


welcome@41bengo.com

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士9年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。