裁判所に訴えると訴状はどう相手に届くのか?

訴えられたら訴状はどこに届くのか?

相談者

先生に依頼している相手との交渉の件についてです。
このまま話し合いがまとまらない場合に、相手が裁判所に訴えてきた場合についてです。
訴えられた場合、訴状は代理人である先生のところに届くんでしょうか?
家に訴状が届くと、家族に事件のことが知られそうで心配です。

弁護士水谷(考える)
弁護士水谷

訴状がどこに届くかですね。
代理人である私のところには届かないです。
直接、ご本人のご自宅へ届きますよ。
具体的にご説明します。

裁判所に訴える場合、訴える人(原告)は裁判所に訴状を提出します。

そして、訴状の中に訴訟の当事者(原告と被告)の住所を書きます。

原告に代理人(弁護士)がついている場合は、訴状の当事者欄に本人(原告)と代理人の弁護士の双方の住所と氏名を記載します。

一方、訴状には、被告の住所と氏名しか書きません。
訴える前に、双方に弁護士がついて話し合いがなされても、訴状の被告欄には被告となる人の住所と氏名しか書きません。被告の弁護士の住所と氏名は書きません。

ですので、弁護士のところにではなく、ご自宅に届いてしまいます。

裁判所の次のページに、訴状の当事者欄の記載事項が書いております。

ただ、封筒に訴状がいれられて送られてきます。
封筒には、〇〇裁判所という風に裁判所名が記載されております。
ですので、ご自宅のご家族の方は、封筒の中身は分からないけど、なにか裁判沙汰になっているのかな?と思ってしまいますね。

相談者

私の自宅に送られてくるけど、封はしてあり、中身は分からないのですね。
自宅に訴状が届いたら、家族に事情を説明しようと思います。

訴状が入っている封筒に「不倫相手様へ」と書くことができる?

相談者

先生、妻の不倫相手に裁判をする際、もしできましたら、訴状の封筒に「不倫相手様へ」と書いた上で送っていただきたいのです。
妻と不倫をした男の家族に、男が不倫をしていた事実を知らせたいのです。

弁護士水谷(考える)
弁護士水谷

お気持ちは分かります。
ただ、訴状はまず裁判所に提出した上で、裁判所から相手(被告)に送られます。
封筒は裁判所の封筒が使われてます。ですので、「不倫相手様へ」と書くことはできませんね。

相談者

そうなんですね。
どういう風に訴状が送られるのか分かりました。
残念ですが、あきらめます。

被告の実家に訴状を送れる?

相談者
相談者

相手が腹立たしいです。
相手の自宅住所は知っております。
しかし、訴える際、相手の自宅ではなく、相手の実家に訴状が届くようにしたいです。
実家の人にも、知らせてやりたいのです。

弁護士水谷(考えている)
弁護士水谷

相手の実家の住所を知っているのならば、訴状に実家を記載できますね。
訴状を相手の実家に送る人も、いらっしゃいます。
相手の実家の人が訴状をうけとり、その訴状を相手が受け取れば、裁判所は訴状が届いたと判断するでしょう。
しかし、相手の実家に送ってしまうと、あとあとトラブルになる可能性はありますね。
裁判で、和解とかできなくなる可能性が高くなります。

相手の弁護士へ

裁判の前に、弁護士が代理人として交渉や話し合いを行うことがあります。
しかし、話し合い・交渉が決裂して、裁判となります。

裁判においては、本人ではなく、交渉段階の弁護士とすることも可能です。
裁判所の書記官さんから電話がかかってきて、「○〇さんの件ですが、ご存じですか?訴状が提出されております。先生は訴訟の代理人となられるでしょうか。」と聞いてくることがあります。
そこで、弁護士が本人に訴えられていることを伝え、委任状をいただき、裁判所に訴状を取りにいくこともあります。

離婚調停の申立書については?

地方裁判所や簡易裁判所に訴えるのではなく、家庭裁判所に調停を申し立てる場合についてです。
例えば、離婚の調停の申し立てなどの場合です。

夫婦が別居をして、別居後の住所が分からないことがあります。

【弁護士が代理人としてついていない場合】
調停の申立書では、相手である夫(妻)の住所は同居をしていた際の住所を書きます。

【弁護士が代理人としてついている場合】
裁判所の書記官の方が、代理人の弁護士に対して、申立書を受け取るか確認します。
そして、受け取るとなれば、代理人の弁護士が受け取ります。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。


welcome@41bengo.com

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士7年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。