簡易裁判所に訴える前に心がけること

新宿区新大久保で働く弁護士の水谷真実です。

裁判をするために、地方裁判所ではなく簡易裁判所に訴えをすることがあります。
140万円以下の金額を請求する場合です。

簡易裁判所は、名前が「簡易」なので、つい、簡単に裁判が終わると思われる方もいるかと思います。
しかし、簡易裁判所に訴えた結果すごく訴訟が長引いてしまった、ということがあります
その結果、時間やお金を損してしまった、ということになることがあります。

そこで、簡易裁判所に訴えるときに気をつけることを書きます。

簡易裁判所という名前の意味は?

簡易裁判所の役割は、簡易な紛争を迅速に解決することです。

140万円以下の請求の場合は、簡易な紛争として迅速に解決を図っていこう、ということを前提としています。

地方裁判所と簡易裁判所の裁判官は違う

地方裁判所の裁判官も、簡易裁判所の裁判官も、どちらも優秀です。

しかし、タイプが異なります。

簡易裁判所の裁判官は、簡易な紛争を迅速に解決することに慣れているといえるでしょう。
一方、地方裁判所の裁判官は、複雑な事件や、法的な解釈・知識が求められる事件に強いといえるでしょう。

140万円以下の請求の場合はまず簡易裁判所へ

140万円という金額を1つの目安として、地方裁判所と簡易裁判所に担当が分かれております。

140万円以下の訴えをする場合には、基本的には、まず簡易裁判所に対してすることになります。
地方裁判所に訴えたくても、簡易裁判所にまず訴えて下さいと裁判所の職員さんに指示されてしまいます。

簡易裁判所に訴えても、訴訟が長引くことがある

簡易裁判所に訴える人達は、簡易に迅速に事件を解決したいと願っているはずです。

しかし、実際は、140万円以下の請求の場合でも、複雑な事件もあります。
結果として、1年ぐらい、簡易裁判所で訴訟をすることもあります。

事前に心がけることは?

しっかりとした証拠(契約書など)があるか確認しましょう。
ただ、証拠があったとしても、油断はできません。

簡易裁判所に訴える前に、相手方と連絡がとれるなら、とってみることです。
そして、交渉していく中で、相手の様子から、ある程度、予測がつく場合があります。

次に、相手方に弁護士さんがついている場合は、注意深く対応をするべきしょう。
相手の弁護士さんと交渉する中で、相手の弁護士さんが強気だったりする場合があります。
このような場合、簡易裁判所で裁判になると、強い反論がされる場合があります。

その他に、主張が多岐にわたったり、反訴が予想されないかも検討してみましょう。
たとえば、不動産がらみなどの事件だと、主張が多岐にわたったり反訴が予想される場合があるでしょう。

まとめると、

  • しっかりとした証拠があるか
  • 裁判前の相手の様子
  • 相手に弁護士がついているか
  • 主張が多岐にわたったり、反訴が予想されないか

です。

最後に

簡易裁判所に訴えても、訴訟がすごく長引くことがあります。

一方、訴訟前の相手方との誠実な交渉などで、防ぐことはできます。

結果として訴訟を長引かせないためにも、事前によく準備をして臨むべきですね。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。