くわしく書かれている法律の相談に対する回答の記事をよんで、不安になってしまったとき

千葉のホテルフランクスより撮影

たとえば、相続の放棄について、インターネット上にいろいろ弁護士の方が解決策とかの記事を書いたり、ホームページに書いたりしています。

 


相続の放棄にかぎらず、他の法律の件でも、詳しく書かれている記事やホームページがあると思います。

この場合、役立つこともたくさん書かれていて、参考になることも多いと思います。

一方、詳しく書かれすぎているので、逆に、不安に思ってしまう方もいると思います。

例えば、本当は自分にはあてはまらないのに、自分にもあてはまるように読めてしまい、不安に思ってしまうこともあるかと思います。

ですので、必ずしも自分にはすべてあてはまらないということを意識してほしいなと思いました。

でも、記事を読んであてはまるかどうか分からず不安になったりしますよね。そこで、セカンドオピニオン的に別の弁護士さんにきいてみて、不安を解消することも大事だなと思いました。

 

※表紙の写真
先日参列した千葉のホテルフランクスからの撮影。
ちょうど、エアレース世界選手権の千葉大会が行われていて、飛行機の音がしました。

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみて下さい

実務修習地の私の選び方および配属後の感想... 自分の司法修習地の選び方 司法修習地の選び方は、人それぞれだと思います。 一般的には、 ・地元に近いところ ・就職活動に有利なところ ・大都会 かなと思います。 自分の場合は、フィーリングで選びました。 自分は仙台に住んでいたので、仙台から遠く離れた異なった環境で学びたかったことと、また、東...
2018年(平成30年)を振り返って及び2019年への抱負(平成30年12月31日(月))... 2018年(平成30年)を振り返ってみると、いろいろあったけど、あっという間の1年だったなという印象です。 日本青年会議所の京都会議や金沢会議、新宿区委員会のわんぱく相撲などに参加したこと   京都会議(1月)と金沢会議(2月)は、はじめて参加をしました。   ...
東京入国管理局に収容された外国人が日本に残りたい場合及び認められた場合のその後の日本での生活について... 入管に収容された外国人が日本に残りたい場合 オーバーステイなどで、入国管理局に身柄を拘束されて、強制退去になりそうだとしても、仮放免を申請することが考えられます。 仮放免は、いろいろな事情が考慮されて判断されるとされ、なかなか認められないときがあります。 しかし、その時々の社会の状況により(例え...
離婚して調停で面会交流が認められているのに、相手(元妻または元夫)が子供との面会交流を拒否して会わせ... 面会交流で相手が子どもと会わせないとき 離婚の調停が成立して、面会交流が認めたとしても、相手が子供と会わせることを断固拒否することがあります。 当面の解決策 この時、相手に直接交渉してもだめな場合、家庭裁判所をつうじて履行勧告(面会交流するよう勧告すること)や、間接強制(1回会わせない場合、7...
外国人のひとが普通借家契約ではなく定期借家契約を結んで、大家さんからでていってといわれたら?... 外国人のひとが賃貸借契約をするときの難しさ 外国人のひとが家や事務所を借りるとき、普通借家契約ではなく定期借家契約をむすんでしまうことがあります。 その際、仲介業者のひとなどが、定期借家契約だから契約の更新がないことをきちんと説明しなかったり、ことばの問題なので、外国人の人は当然ながく住めると思...