くわしく書かれている法律の相談に対する回答の記事をよんで、不安になってしまったとき

千葉のホテルフランクスより撮影

たとえば、相続の放棄について、インターネット上にいろいろ弁護士の方が解決策とかの記事を書いたり、ホームページに書いたりしています。

 


相続の放棄にかぎらず、他の法律の件でも、詳しく書かれている記事やホームページがあると思います。

この場合、役立つこともたくさん書かれていて、参考になることも多いと思います。

一方、詳しく書かれすぎているので、逆に、不安に思ってしまう方もいると思います。

例えば、本当は自分にはあてはまらないのに、自分にもあてはまるように読めてしまい、不安に思ってしまうこともあるかと思います。

ですので、必ずしも自分にはすべてあてはまらないということを意識してほしいなと思いました。

でも、記事を読んであてはまるかどうか分からず不安になったりしますよね。そこで、セカンドオピニオン的に別の弁護士さんにきいてみて、不安を解消することも大事だなと思いました。

 

※表紙の写真
先日参列した千葉のホテルフランクスからの撮影。
ちょうど、エアレース世界選手権の千葉大会が行われていて、飛行機の音がしました。

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローには事前相談の2倍の力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。