法律事務所のロゴの作成:簡単なようでなかなか難しいです

シュタイフのぬいぐるみ。友達の結婚祝い。

法律事務所を開設したので、ロゴをつくろうかなと思いました。

もっとも、自分で調べたりしても、どこの会社に頼んだらいいのか分からず、人にきいたところ、ビズアップという会社を紹介してもらいました。

ビズアップという会社は、ロゴ1つに、約10万円ぐらいしますが、無制限に修正を依頼でき、かつ、クラウドソーシングよりも質がよいとのことでした。

高いなぁとは思いましたし、まだ、すぐに必要ではないので、他の方にも意見をきいてみました。

すると、ビズアップは、無制限に修正を依頼できるからそれだけ高いんだよ、ロゴにこだわる人は細かい部分までこだわるし、1から作るからねといわれました。
そして、もっと安くしたいなら、クラウドソーシングのランサーズなどで、イメージを伝えて1000円ぐらいで依頼し、できあがったのを元に他の会社に再度頼んでこまかいところをととのえてもらった方が安くなるんじゃない?とアドバイスされました。

まだ悩ましかったので、デザイン事務所をしている友人にも、ロゴについて聞いてみました。

すると、友人は、ごくたまにできのいいロゴがあるけど、なかなか、ロゴで事務所の目的を表現したりするのは難しいよといわれました。
そして、ビズアップの会社のホームページの中で、士業の製作実績一覧の中から、ロゴを1つ指し示しました

そのロゴは、文字が主体で、脇に小さなロゴがあるものでしたが、このような文字が主体のロゴの方が法律事務所にはいいよとアドバイスしてくれました。
そして、10分ぐらいで、2つほど、自分の事務所の簡単なロゴをささっと試しに作ってくれました。
10分という短い時間なのに、なかなか素敵なロゴでした。

友達は、文字主体のロゴづくりが得意とのことで、複雑なロゴがいい場合は、ビズアップとか他に頼んだ方がいいんじゃないとのことでした。

ロゴって、どうしたらいいのかなかなか悩ましいですね。

 

※表紙の写真
先日、友人の結婚式の際、くまのぬいぐるみをプレゼントしたのですが、友人が写真をとって送付してくれたものです。

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローには事前相談の2倍の力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。