「ホワイトアウト発生」のニュースを聞くと小説の「ホワイトアウト」を思い出します(平成31年1月19日のブログです)

 

「ホワイトアウト発生」のニュースを聞いて思い出すこと

 

北海道各地で、「ホワイトアウト」が発生したとニュースになっています。

 

北海道でホワイトアウトが発生したというニュースです参照ニュース記事
「今季最強寒波で大荒れ ホワイトアウトも」(FNNPRIME)

 

自分は、ホワイトアウトは経験をしたことがないです。

ただ、ホワイトアウトが発生したというニュースを聞いて、真保 裕一さんの小説の「ホワイトアウト」を思い出しました。

「ホワイトアウト」の小説が刊行された年は、1998年です

ここで、小説の内容ですが、amazonでのホワイトアウトの説明書きには、次のように記載されています。

商品の説明
受賞歴
第17回(1996年) 吉川英治文学新人賞受賞

 内容紹介
日本最大の貯水量を誇るダムが、武装グループに占拠された。職員、ふもとの住民を人質に、要求は50億円。残された時間は24時間! 荒れ狂う吹雪をついて、ひとりの男が敢然と立ち上がる。同僚と、かつて自分の過失で亡くした友の婚約者を救うために――。圧倒的な描写力、緊迫感あふれるストーリー展開で話題をさらった、アクション・サスペンスの最高峰。吉川英治文学新人賞受賞。

参照元:amazon「ホワイトアウト (新潮文庫) 真保 裕一 (著)」

 

「ホワイトアウト」の小説を読んだ感想

自分がホワイトアウトの小説を読んだのは、もう10年ぐらい前のことかと思います。
そのため、読んだ感想は、面白かった!感動した!という漠然とした記憶しかありません。

「ホワイトアウト発生」というニュースを聞くと、またホワイトアウトの小説を読みたいな、読んで良かったな、という思いが沸いてきます。

20年ほど前の小説ですが、今読んでも全然良いと思います。
ちょうど冬ですし、お時間があれば読まれると良いです。

 

 

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

welcome@41bengo.com

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。