伊豆大島の魅力〜その2〜 みどころ 平成30年7月15日(日)

昔はとても賑わっていた旅館

伊豆大島は、大きな島です。
そのため、あちこちみどころがあり、1日ではとてもまわりきれません。

まず、伊豆大島は、日本のジオパークの1つに認定されています。
そのため、ジオパークとしてのみどころがあります。

例えば、「地層大切断面」。
きれいな縞模様で、別名、バームクーヘンと呼ばれているとのことです。

 

別名バームクーヘンと呼ばれる伊豆大島の断層

 

次に、伊豆大島の南端の方に、貝の博物館があります。

色とりどりで、形も様々なすごく沢山の貝が展示しています。
入館料は400円とリーズナブルです。

 

すごく沢山の貝が展示していました

 

そして、近くの海岸(トウシキ遊泳場)に行くと、天然のプールがあります。
深さは、5Mぐらいある場所もあります。でも、穏やかで、泳ぐと気持ちがよさそうです。

天然のプール

さらに伊豆大島の南端まで行くと、波浮港に着きます。
ここで、波浮港とは、伊豆の踊子の小説ででてくる場所とのことです。

とても風情のある湊町です。

 

波浮港のモニュメント像

 

石段を登っていくと、昔の街並みが現れます。
網元の倉があったり、網元の家を見学することもできます。

 

波浮港の坂道は長崎の坂道を思い出します

 

 

波浮港の昔の網元の倉

 

 

伊豆大島の東側は、断崖が続いています。
台湾の東部の花蓮や太魯閣あたりを思い出す風景です。

伊豆大島の東側は太平洋の波にさらされ断崖が続く

 

山の中に、大きな桜が1本立っていました(桜株)。
国の天然記念物の桜です。
元は1本だけど、倒れたりして数本に分かれて見える、すごく生命力の強い桜です。

 

生命力のとても強い桜

伊豆大島は、あちこちみどころのある、とても素敵な島です。
東京のすぐ近くにあるなんて、びっくりです。

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローには事前相談の2倍の力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。