警察への相談内容記録~証拠として用いることができます~

弁護士の水谷真実(→プロフィールはこちら)です。

警察署へ相談に行くことの大切さ

警察署に相談した内容の記録が、裁判などの証拠になる場合があります。

例えば、

・配偶者からモラハラやDVをうけた
・婚約者から暴力を振るわれて婚約破棄となった
・不倫をやめたいのに暴力を振るわれて無理矢理不倫させられた
・ストーカー被害にあって困っている
・不動産詐欺にあった。裁判で訴えられそうである。

などの場合に、被害の相談に警察に赴きます。
この時の相談内容記録を後日情報公開により取得できるのです。

警察に相談に行くことがためらわれる方がいます。
しかし、まずは相談だけでよいので相談された方が良いです。

相談内容記録の取得の方法

しかし、警察官は相談した被害者に対して、弁護士でなければ相談内容記録を取得できない、と伝えることがあります。

弁護士の活用法

そこで、弁護士が警察署の警務課に電話をして、相談内容記録を取得したいと伝えれば、取得できます。
その後、被害者自身が警察署に相談内容記録の謄写(コピー)をしに行くことができます。

相談内容の記録

取得をしてみると、黒塗りにされている部分があります。
しかし、ほとんど黒塗りというわけではありません。
証拠として活用できる部分ももちろんあります。

複数の警察署に相談をしていた場合は?

東京の場合ですと、霞が関にある警視庁で取得することになるはずです。

まず、被害相談をした警察署で、確認をすると良いです。

取得にかかる時間

警察署に相談内容記録の取得を申し出てから取得するまで、2週間ぐらいかかる場合もあります。

余裕をもって行動しましょう。

最後に

警察署に相談内容記録の取得を申し出てから取得するまで、2週間ぐらいかかる場合もあります。

余裕をもって行動しましょう。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士7年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。