【養育費】子どもの大学進学費用について

離婚や男女問題に注力する弁護士の水谷真実(→プロフィールはこちら)です。

養育費ですが、調停の場では、基本は20歳とされます。

では、大学に進学した場合を想定して、22歳まで養育費を支払ってもらうとすることはできるでしょうか。

まず、相手が22歳まで養育費を支払うことに同意をしていれば、問題はありません。

一方、相手が大学進学費用の支払いを拒否している場合は、難しいです。
この場合は、養育費の支払いは20歳までとなります。

その他に、養育費は20歳までとして、大学に進学する場合は22歳まで支払うとすることもできます。

子どもの大学進学費用を養育費に含めるかどうかは、人それぞれです。

両親共に高校卒や専門学校卒なので、子どもについても大学進学まではあまり考えていないと方はいます。
また、大学卒だけど、大学生のときの学費は自分で稼いだので、子どもの養育費も20歳までと考える方もいます。
そして、大学卒業まで子どもの養育費をだしたいと考える方もいます。

子どもの大学進学費用を養育費にふくめるかどうするかも、大事なことです。
よく考えて、どうするか決めるべきです。

関連するその他のブログはこちらです
養育費をあとから請求したい場合(子どもの大学進学費用)

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士7年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。