翻訳者の方にとっては、翻訳の原稿は手書きより活字が好ましいのですね

弁護士の水谷真実(→プロフィールはこちら)です。

帰化申請のご依頼を受けました。

申請に際して、法務局に種々の書類を提出する必要があります。
提出する書類の中には、本国から出生証明書などを取り寄せる必要があります。

外国語の書面は、日本語に翻訳した書面を一緒に添付する必要があります。

今回、フランス語の書面なので、翻訳をどうしようか悩みました。

新宿区役所に問い合わせて、役所が翻訳の人を紹介してくれるか問い尋ねました。
そうしたところ、行政機関からの依頼ならば通訳さんなどを手配するけど、個人からは
手配ができないと言われました。

そこで、以前、フランス語の通訳の際にお世話になった通訳さんにお願いしたところ、
こころよく書面の翻訳をしていただけることになりました。

通訳さんからは、翻訳する書面は、手書きだと解読が難しい場合があるとのことです。
活字化されたものが良いとのことです。

幸い、翻訳していたく書面は、出生証明書で活字化されていたので、良かったです。

アフリカ等で、紛争の際に作成された書面は、判読がしにくい文字で記載された書面もあるようです。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士7年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。