事件を起こした留学生の在留期間の延長の許可の難しさ(平成30年9月8日(土)のブログです)

東京入国管理局の正面の入口

 

留学生が何か事件を起こすと、未成年者であって少年審判で保護観察となったとしても、在留期間の更新は難しいなと感じた件です。

留学生の少年事件

以前、 軽いアルバイト感覚で他人名義のカードで物を買うように頼まれた結果、逮捕されて少年審判になった中国人の少年の事件を担当しました。

その少年はそれまで何も事件を起こしたことがなく、中国からは母親が来日して少年に会いに行ったりと熱心な母親であったし、学校に通っていて先生達などの監督者がいる状況でした。

家庭裁判所の審判では、調査官から もっと日本人と積極的に交流して日本語の習得に努めたり日本人とより仲良くなるようにと諭されました。
そして、裁判官から保護観察の処分を言い渡されました。

学校の方も、保護観察であったし、同情するべき点があるということで、復学が認められました。

在留期間の延長の問題

入国管理局に在留期間延長申請のための書類を提出

在留期間の更新の時期となりましたが、中国に住むお母さんから学校を通して、弁護士さんに在留期間の更新の手続きをやってほしいと頼まれました。

そこで、少年の申請取次者として、活動することになりました。

学校の成績表や身上経歴書などの書類一式を東京入国管理局に提出しました。

追加の書類の提出の要請

その後、入国管理局から連絡が来て、 追加で、事件の経緯をまとめた書面や裁判所の決定の書面などを提出してください、提出したいと考える書面は一切受付ますと連絡がきました。
そこで、東京入国管理局に出向いて、入国管理局の担当者がどのような意図で追加の書面の提出を求めるのかを確認しに行きました。

懸念

担当者が言うには、 今回の少年の場合は本来は在留期間の更新は難しいです、ただ追加の書類の提出をお願いしますとのことでした。

私は、裁判所で保護観察になっているし、同情するべき点もたくさんあるし、学校で勉強しているから、追加の書類をしっかり出せば在留期間の更新ができるものとこの時は思っていました。

ただ、学校に出向いて先生たちから必要な書類を受け取った際に、 昔、成績がすごく優秀で勉強頑張っていたけども夜のお仕事についたために逮捕された少年がいて、その子は在留期間の更新ができなかったので、不安ですねと言われました。

結果

入国管理局に指示された書類を準備して、その他にも中国のお母さんから上申書などを取り寄せるなどして、入国管理局に提出しました。

その後、東京入国管理局から審査結果が出たと思っ連絡を受け、少年と一緒に来てくださいと言われたので、一緒に出向きました。
そして、結果を言い渡されましたが、在留期間の更新は不許可でした。

思ったこと

思ったのが、少年事件における家庭裁判所の裁判官や調査官は少年個人の将来を踏まえて厳しさの中に優しさを交えて対応してくれる一方、入国管理局の場合は日本国民全体の社会のことを考えてどちらかといえば厳しく対応しているのかなと感じました。

外国人の方の場合は、日本に滞在するためにビザの問題があります。
そして、警察に捕まるなどすると、入国管理局の印象が非常に悪くなり、ビザの更新の場合に不利益をうけてしまいます。

もちろん、外国人の場合でも、何回も警察に捕まることを繰り返してる人はいます。もっとも、そのような人は日本人の配偶者がいるなどの場合です。

今回の場合は、入国管理局がどこに着目して不許可としたのかは、はっきりとは定かではありません。
資格外活動の許可をとっていなかったことや、もしかしたら学校の成績が参考にされたのかもしれません。

外国人の留学生などの場合には、特に気をつけて生活するべきだと思いました。

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみて下さい

交通事故の加害者の保険会社から示談金(慰謝料)の提示を受けた時に、そのまま受け取っていい?平成30年... 【事例】 友達の車の助手席に乗っていて交差点で停まっていたら、追突をされました。そして、追突の衝撃で、首がむち打ち症になり、数ヶ月ほど接骨院などで治療をしました。 相手の保険会社から、慰謝料として150万円の提示がありました。150万円ももらえるなら良いかなと思っているのですが、そのまま合意して良...
子どもの面会交流において、間接強制が認められない場合とは? 平成30年3月27日(火)... 【事例】 夫が暴力を振るったりするなどしたことから、離婚をして子供たちは妻側が引き取った。離婚後も夫が妻の自宅におしかけるなどしたが、警察が間にはいるなどして、なんとか解決をした。 養育費については夫から支払を定期的にうけている。子どもとの面会交流をどうするかについて争いがある。 面会交流につ...
不安だった鹿児島での裁判(平成30年8月3日(金)のブログです)... しばらく前に、鹿児島の事件の依頼をうけて、裁判をしました。 不安だった鹿児島の裁判 当初は、鹿児島は遠いし、負担が大きくなったら途中で辞任しようかとも考えました。 不安だったので、鹿児島であるイベントがあった際、イベントに参加していた知人の弁護士に依頼者との打合せに同席をしてもらいました。 ...
建物の立退き交渉の問題点と対処方法(平成30年9月5日(水)のブログです)... 自力での立退き交渉について 貸している建物を新しく別の目的で使いたいので、立ち退いてほしい場合があります。 しかし、地力で交渉しても、すんなりとうまくいかない場合があります。 特に貸している建物の条件が良い場合などです。 駅に近かったり、 家賃が相場より近かったり、1階にあったり、建物と駐車場...
病気が原因で従業員や取引先とコミュニケーションがとれなくなった方を代理する場合の弁護士の役割... メンタルの病気が会社経営をやめなくてはならないとき 会社を経営していたけれども、ご病気により会社をたたまなくてはならないときがあります。 この場合、例えば躁鬱病などの病気にかかっていると、従業員さんや取引先とのコミュニケーションがうまくいかず、トラブルになることがあります。 躁鬱病の場合は、薬...