【解決事例】母と娘の新しいスタート~母が選んだ決断と財産分与~

離婚調停で、妻が夫と財産分与や養育費等について話し合い、離婚が成立した解決事例についてです。

依頼に至る経緯

依頼者の方は、40代の妻の方です。
依頼者は、夫との関係に疲れ切っていました。夫からの暴言や暴力が日常化し、それが娘さんの心にも影を落としていたのです。家庭内の争いは、娘さんの学業にも影響を与えかねませんでした。
また、夫が娘に対して本当に愛情をもっているのだろうか、と依頼者の方は悩んでおりました。
依頼者は、夫との離婚を望んでおりました。そして、2人で共同で購入した家を売却して、財産分与をすることを求めておりました。また、結婚前の自己資金で家を購入したので、財産分与で適正に考慮されることを切望していました。依頼者の方の主な懸念は、自身が婚姻中に支出した財産を取り戻すこと、子どもの将来の養育費を確保することでした。さらに、夫に苦痛を与えられたため、慰謝料の請求も検討していました。このような背景事情を抱え、法的支援を求めて相談されました。

離婚調停での弁護士としての弁護活動

離婚の調停において、精神的DV等を理由とした慰謝料請求を検討しました。しかし、財産分与の適正な分与により、慰謝料請求を回避する方針を取りました。

財産分与においては、特有財産の立証に注力し、夫側の理解を得ることに成功しました。
また、家の売却では、不動産業者の人との連携により、希望通りの金額で売却することができました。

養育費に関しては、算定表を基に適正な金額を確保しました。
また、定期的な支払いを確実にするために、夫に自動送金の設定を依頼しました。

解決

依頼者の方が特に不安に思っていた財産分与と養育費に関しては、十分な準備と主張立証を通じて、依頼者の望む結果を得ることができました。
結果として、一括の養育費支払いは実現できませんでしたが、その他の点では依頼者の希望に沿った解決ができ、離婚調停が成立しました。

離婚に関するその他の解決事例

離婚に関してのその他の解決事例です。
参考になればと思います。

まこと法律事務所

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。
お力になります。

事務所の電話番号は、こちらです。
電話番号:03-6279-3177

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士10年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。