花粉症対策に~和歌山県のじゃばら~

毎年、花粉症に苦しむ東京在住の社会人(@41bengo)です。

去年、和歌山県を旅行していたら、和歌山県の北山村だけで生産される、じゃぱらという柑橘類が花粉症に効果があるということを知りました。

和歌山県を旅行した際のじゃぱらのコーナー

もうすぐ花粉症の季節。購入したいな、と思って、東京で販売しているところを調べました。
すると、有楽町にある和歌山県のアンテナショップで購入できることを知りました。

じゃばらジャムは東京でも買える場所は?販売店や通販サイトを調査!

こうちゃんの気ままなCafe

そこで、有楽町の和歌山県のアンテナショップに行ってみると、じゃばらの商品が販売していました。
けっこう、来店者の人がじゃぱらの商品を買い求めています。
花粉症の時期になりますし、人気なんでしょうね。

和歌山県のアンテナショップにじゃばらが販売
有楽町の和歌山県のアンテナショップにて
じゃばらのお酒も販売しています

自分は、じゃばらの粉末を購入しました。
2000円ぐらいです。
粉に水をいれて飲んでみると、少し酸っぱい柑橘系の味がします。

今年は、耳鼻科に行って花粉症の薬を購入しないで、この粉末を飲んでみようと思います。
不安と期待が入り交じった気持ちです。

じゃばらの粉末
じゃばらの粉末

使用の感想

笑顔の弁護士の水谷真実です
弁護士水谷

毎日、朝、1グラムほどを水に溶かして飲んでいます。


すっぱくて、飲みやすいというか美味しい味です。


2月22日(土)、23日(日)は、花粉の飛散量がけっこう多かった日です。

日中、目が少しかゆいと思いました。


でも、がまんできるかゆさでした。


効果はあるのかと思います!

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士7年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。