離婚調停中の面会交流(夫が妻や子どもと直接会うことについて)

離婚に悩む夫婦をサポートする弁護士の水谷真実(@41bengo)です。

夫婦関係がどうしてもうまくいかず、妻が小さな子どもを連れて別居をすることがあります。
そして、お互いに話し合いの余地がなくなり、弁護士に依頼をして離婚などの話し合いをすすめ、離婚の調停になる場合があります。

では、離婚の調停中に、夫は、弁護士や裁判所を介さずに、子どもと会ったり妻とSNSやメールなどでやりとりしてもよいのでしょうか。

各当事者の視点や解決策をまとめました。

よろしければ、最後までお付き合い下さい。

それぞれの立場から考えてみると

夫の視点

夫としては、子どもと直接会えることは、ハッピーですよね。
また、妻と直接話したい場合には、直接会って話せるにこしたことはないですよね。

妻の視点

妻も夫と直接会って話すことを心から望んでいる場合もあるでしょう。

ただ、小さな子どもを連れて夫と会う場合、夫が子どもを無理矢理連れて行くこともなくはありません。

また、どちらかの家で会っている場合には、もし暴力を振るわれたりしたら大変なことになります。

離婚の話し合い中なので、離婚の話し合いをうまく進めるために、渋々会うのだったら、やめるべきです。
夫に失礼ですし、弁護士に頼んでいるのなら弁護士がきちんと話し合いを進めてくれます。

裁判所の視点

お互いの話し合いがうまくいかなかったので、裁判所で調停委員や調査官の人たちをはさんで離婚の話し合いをしている場合についてです。

調停委員や調査官の人たちの中には、すでに裁判所で話し合いがなされているので、裁判所を通して話し合いをして欲しい、と思っている人達がいらっしゃいます。

ですので、調停の場で、子どもを交えて夫婦だけで会って話していますということを伝えてしまうと、ストップがかかります。
調停中は、夫婦で直接会うことは控えて下さいと指示されるはずです。

弁護士の視点

子どもを交えて夫婦で会って話し合うことを良しとする弁護士もいるでしょう。

一方、窓口が一本化できない、自分が知らないところで話が進むことを望まない弁護士もいるでしょう。

また、万一なにかトラブルがあった場合、弁護士の責任問題になることを懸念される弁護士もいるでしょう。

解決策

以上をふまえると、解決策としては、次のことが考えられます。

少なくともいずれか一方に弁護士がついている場合には、弁護士の事務所で会うことが望ましいです。
弁護士の負担が多少重くなるかもしれませんが、頼めば弁護士さんはOKしてくれるはずです。

弁護士にとっては、依頼者の人とコミュニケーションがよりはかれます。
依頼者の人にとっても、弁護士事務所で会うならば安心です。トラブルが起きることもまずありません。

また、並行して、手紙のやりとりをすることも良いですね。

最後に

離婚の話し合いや調停は、長丁場になる場合もあります。

上手に弁護士やまわりの人たちを頼ったり利用しながら、乗り越えていってほしいです。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。