異性への接し方:「さ・し・す・せ・そ」「た・ち・つ・て・と」が大切!

弁護士の水谷真実(@41bengo)です。

夫婦生活や、恋人や異性との接し方で、どうすればうまくいくか、悩まれている方はいらっしゃいますね。

先日、かさこ塾で受講生のプレゼンをきいた際、すごく参考になる接し方を学んだので、ご紹介します。

女性→男性「さ・し・す・せ・そ」を意識

男性は、「尊敬」されたいのです。

そこで、女性が男性に対して言葉をかけるポイントは、「さ・し・す・せ・そ」です。

さ「さすがですね」
し「信頼しています」
す「すごいですね」
せ「世界一ですね」
そ「それは知らなかったです」

などです。
別に、上をそのままでなくてもかまいません。
自分でアレンジして、敬意を抱いている気持ちを男性に伝えてもいいのです。
伝えられた男性は、言われたら嬉しく思うでしょうね!

ちなみに、料理をする上で基本となる「砂糖、塩、酢、醤油、味噌」のさしすせそとなんか感じが似ていますね。

男性→女性「た・ち・つ・て・と」を意識

女性は、「大切」にされたいのです。

そこで、教えてくださった内容が、「た・ち・つ・て・と」が大事とのことです。

た「大変だったね」
 →女性にアドバイスはいらないのです。黙って聞いて、最後に「大変だったね」と伝えるのです。

ち「ちょっと変わった?」
 →女性の少しの変化にも気づいてあげることです。

つ 辛いときの対応
 →「大丈夫」と気にかけることです。

て 「手伝うよ」
 → 共働きが多い現代において 、「手伝うよ」と声がけすることが大切とのことです。

と 突然のサプライズ

 

最後に

男性にせよ女性にせよ、相手を思いやる気持ちが大事ですね。
そして、その気持ちを具体的に言葉にして伝えることが大事なんですね。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。