離婚の話し合いの流れ

協議で離婚をする場合の流れについてです。

話し合いを行う

離婚について話し合いを行います。
・離婚するかしないか
・子どもの親権
・面会交流
・財産分与
・慰謝料
などについて話し合うことになります。

合意書の作成

話し合いの結果を書面にまとめることができます(合意書)。
書面にまとめた方が、後々のトラブル防止になります。

離婚届の提出

離婚届にお互いが署名をします。
そして、役所に提出をします。

離婚届の提出が遅れることを心配されている方に対して
離婚届は、夫婦のいずれかが提出することができます。
夫婦の一方が離婚届を提出する場合、他方の夫(妻)は、いつ離婚届が提出されるか、不安になることもあります。
その場合は、合意書を作成して、いつ離婚届を提出するか明記しておくと良いです。
例えば、合意書の条項に、
「夫と妻は、本日、協議離婚することに合意し、夫は、協議離婚届出用紙に署名押印した上、その届出を妻に託し、妻は、慰謝料の振込を確認後速やかにその届出を行い、その受理証明書を夫に交付することを約した。」
という条項をいれると良いです。
速やかにという意味は、可能な限り早くという意味です。
また、離婚届は代理人が提出することもできます。弁護士を通して交渉している場合は、弁護士を通して提出もできます。
さらに、郵送でも離婚届を提出できます。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。


welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士7年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。