子どもの面会交流において、間接強制が認められない場合とは? 平成30年3月27日(火)

上野駅にてパンダと桜のコラボレーション

【事例】
夫が暴力を振るったりするなどしたことから、離婚をして子供たちは妻側が引き取った。離婚後も夫が妻の自宅におしかけるなどしたが、警察が間にはいるなどして、なんとか解決をした。
養育費については夫から支払を定期的にうけている。子どもとの面会交流をどうするかについて争いがある。

面会交流については、裁判所の審判で、1か月に1回面会交流をみとめ、具体的な日時や場所や方法については、お互いに話し合いなさいと指示されました。
しかし、元夫は自分自身の勤務先や住所を明かしませんし、元夫が怖いです。そのため、面会交流についての具体的な日時や場所や方法についてお互いに話がまとまりませんでした。

 
悩ましいところだと思います。
元夫が自分自身の勤務先や住所を明かさない以上、たしかにお子さんの連れ去りが案じられます。
そこで、いくら裁判所の審判で面会交流を認めなさいと言われたとしても、勤務先や住所を明らかにしていないのに面会交流を認める必要はないです。

でも、元夫が間接強制というのですか、子どもとの面会交流を拒否するごとに制裁金を払うよう訴えてこないでしょうか。

 
今回の場合は、直ちに間接強制により制裁金を払うようにはなりません。

裁判所の審判で、具体的な日時や場所や方法については、お互いに話し合いなさいと指示されています。
たぶん、裁判所としては、裁判所が具体的な日時や場所や方法について一方的に決めるよりも、まずはお互いにしっかり話し合った方がいいと考えたのだと思います。

今回の場合、1か月に1度面会交流を認めるといっても、未だ、具体的に、いつ、どこで、どういう方法で面会を認めるか定まっていないので、お子さんを元夫に面会させようにもさせることができません。
そのため、面会交流を拒否するごとに制裁金を払うということに直ちにはなりません。

元夫が、あらためて裁判所に面会交流の申立てをして、面会交流の具体的な日時、場所、方法をきめるように求めてこないでしょうか。

 
元夫が求めてくることはありえます。
面会交流の具体的な日時、場所、方法についてお互いに話し合いがまとまらなかった以上、裁判所は面会交流の日時、場所、方法について具体的にこうしなさいと指示をする可能性は高いです。

元夫は、未だに自分自身の住所を明らかにしません。元夫が裁判所に面会交流の申立をしたら、申立書に元夫の住所が記載されているでしょうか?

 
必ずしも、申立書に元夫の住所が記載されているとはかぎりません。
今回のように離婚で男女間の問題の場合、相手方に住所を教えたくない人もいるので、裁判所としても第三者の住所を申立書に記載することを認めています。

では、もうどうしようもないのでしょうか。元夫が住所も勤務先も明らかにしませんし、過去には暴力も振るわれました。それなのに、子どもとの面会交流を認めたら、子どもが連れ去られたときに取り返せるか不安でしかたがありません。

 
その不安な気持ちを裁判所の審判で主張するべきです。
元夫が住所も勤務先も明らかにしない、過去に暴力を振るわれたという事情は、裁判官も十分に考慮するはずです。

面会交流は、自分自身だけの問題ではなくお子さんの将来もからんでくるとても重要な問題です。いろいろ悩みがあるかと思いますが、相談されることで、これまで考えていたことと違った気づきがあったり、思い違いであったことが分かったり、心が軽くなったりするかと思います。悩みをうちあけていただけたらと思います。

 

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみて下さい

交通事故の加害者の保険会社から示談金(慰謝料)の提示を受けた時に、そのまま受け取っていい?平成30年... 【事例】 友達の車の助手席に乗っていて交差点で停まっていたら、追突をされました。そして、追突の衝撃で、首がむち打ち症になり、数ヶ月ほど接骨院などで治療をしました。 相手の保険会社から、慰謝料として150万円の提示がありました。150万円ももらえるなら良いかなと思っているのですが、そのまま合意して良...
鹿児島在住の方から鹿児島の裁判を依頼されて…不安は杞憂だった鹿児島での裁判(平成30年8... こんにちは。 弁護士の水谷真実(@41bengo)です。 しばらく前に、鹿児島の事件の被告側の依頼をうけて、鹿児島地方裁判所での裁判を担当しました。 私は東京ですので、裁判は電話会議となります。 ただ、電話会議でも、事前にしっかり準備をして臨めば、十分対応することができました。 そこで、このこと...
建物の立退き交渉の問題点と対処方法(平成30年9月5日(水)のブログです)... 自力での立退き交渉について 貸している建物を新しく別の目的で使いたいので、立ち退いてほしい場合があります。 しかし、地力で交渉しても、すんなりとうまくいかない場合があります。 特に貸している建物の条件が良い場合などです。 駅に近かったり、 家賃が相場より近かったり、1階にあったり、建物と駐車場...
事件を起こした留学生の在留期間の延長の許可の難しさ(平成30年9月8日(土)のブログです)...   留学生が何か事件を起こすと、未成年者であって少年審判で保護観察となったとしても、在留期間の更新は難しいなと感じた件です。 留学生の少年事件 以前、 軽いアルバイト感覚で他人名義のカードで物を買うように頼まれた結果、逮捕されて少年審判になった中国人の少年の事件を担当しました。 そ...
病気が原因で従業員や取引先とコミュニケーションがとれなくなった方を代理する場合の弁護士の役割... メンタルの病気が会社経営をやめなくてはならないとき 会社を経営していたけれども、ご病気により会社をたたまなくてはならないときがあります。 この場合、例えば躁鬱病などの病気にかかっていると、従業員さんや取引先とのコミュニケーションがうまくいかず、トラブルになることがあります。 躁鬱病の場合は、薬...

お電話問い合わせ

ブログなどを読んで、もっと聞いてみたいなということがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

その他、不安や悩みなどがありましたらご相談下さい。

お電話での時間:午前9時から午後8時までです(土曜日は、午前9時から午後5時までです)