12月初旬に、快晴の雲取山を登山しました~1日目~ 平成29年12月23日(土)

雲取山をめざして緩やかな丘陵地帯を登っている

12月初旬、雲取山に1泊2日で、登山に行ってきました。

雲取山は、標高2017メートルで、2017年と同じ、「2017」です。

頂上に、2017年を記念した標識があると聞いたし、登った人達が、「雲取山は良かった!」と言っていたので、登りたいと思っていました。

12月の登山は初めてなので、ちょっと心配しましたが、当日は快晴、気温は10℃を下回る気温だったけど、風もなく、登っているとすぐに暑くなって、上着を脱いで薄着で登りました。

 

雲取山を登っているときに置いていた落ち葉

あちこちに落ち葉が積もっていて、歩っていて気持ちよかったです。

初日に宿泊する、「三条の湯」を目指して、一路登っていきました。

登っているとき知ったけど、雲取山をじかに登っているわけではなく、近くの山から少しずつ雲取山に近づいていき、2日目に本格的に雲取山に登る、という感じです。

三条の湯を目指しています

三条の湯を目指して、皆で登っていきます

近くのなだらかな山から、少しずつ登っていくので、そんなに負担にならず、快晴もあって、快適でした。
むしろ、登っているので、暑いぐらいでした。

途中、落ち葉が降り積もった、なだらかな丘陵をずっと歩き、秋を感じたし、落ち葉がずっと降り積もっていて、こんな素敵な場所があるんだ!と思いました。

丘陵地帯を歩く

丘陵地帯の落ち葉が降り積もる、広場

ひたすら、なだらかな丘の木々が生えている間を歩っていきます。
落ち葉がサクサクして、歩っていて気持ちがいいです。

 

丘陵地帯の降り積もった落ち葉

なだらかな丘陵地帯の落ち葉が降り積もった木々の間を歩くのは気持ちがいい

途中、休憩して、ご飯を食べました。
リーダーが、クリスマスが近いということで、サンタやトナカイのドーナツを持ってきてくれ、誰もいない落ち葉が降り積もった中で食べるドーナツは気持ちよかったし、美味しかったです。

 

クリスマスをイメージしたドーナツを皆で食べる

サンタ・トナカイ・雪だるまのドーナツ達

そうして、歩くこと6時間ぐらい、午後4時ころに、雲取山のふもとの三条の湯に到着しました。

初日の宿泊地の三条の湯

山道を歩くと、遠くに三条の湯がみえたので写真をパチリ!

三条の湯にチェックイン

三条の湯の受付

三条の湯の受付横には、小熊の剥製があります。
三条の湯周辺の熊は、冬眠しないそうで、宿の人に聞くと、近くの木に、熊の爪の痕があるよとのことでした。

また、さるの群れや、鹿もみられるとのことです。

 

 

小熊の剥製が置いておりました

三条の湯の入り口に置かれていた、小熊の剥製

三条の湯は、山奥なのに、温泉に入れます。
山の中で温泉に入れるなんて、すごく幸せです!

三条の湯で温泉にはいるところ

三条の湯の温泉。男女で、時間を区切って交互に温泉にはいるけど、入浴時間はけっこうアバウト。

風はなく快晴だけど、12月初旬ということもあり、気温は10℃を下回っています。
登っているときは暑かったけど、宿に着き、夜になるにつれて寒くなってきました。

 

 

三条の湯の気温は10℃を下回っていました

 

受付では、近くで獲れた鹿肉の燻製が8切れ300円で売られています。

 

鹿肉の燻製が売られていました

8切れ300円の鹿肉の燻製

これが、すごく美味しいんです。
新鮮なうちに燻製にしたのか、燻製の仕方がうまいのか、臭みがなく、味があって美味しいんです。

みんなでお酒を飲みながら鹿肉の燻製を食べる

お酒を飲みながら鹿肉の燻製を食べる

夕ご飯は、食堂で、他のお客さん達と一緒にたべました。

 

みんなで食べた夕ご飯

三条の湯の夕ご飯

そして、ご飯を食べていると、宿の人がギターをもってきて、演奏をしてくれました。

ギター演奏をしていると、登山客のおばあさんが踊り出し、おばあさんが他の登山客のお兄さんをダンスに誘い、2人でダンスをしていました。
おばあさんはお兄さんに対し、「ダンスうまい!」としきりに言っていたので、お兄さんの方もがぜんやる気をだし、そのためみんなですごく盛り上がりました。

夕ご飯の場で、登山客がダンスをする

登山客のおばあさんとお兄さんのダンス

その後、部屋に戻りました。
部屋は、男女共同の部屋で、一緒に畳みに布団を敷いてねます。
ただ、寒いので、登山のままの服装で眠りにつきました。

温かい釜

三条の湯の入り口前にあった釜。お湯を飲める。

【三条の湯】
https://www.taba-kan.co.jp/sanjou/index/

 

 

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローには事前相談の2倍の力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。