NTTのフレッツ光を利用している人で、料金を2000円ほど削減したい場合

青森県の白神山地の紅葉

NTTのフレッツひかりの料金を削減したい

事務所は、今、NTT東日本のフレッツ光を利用しています。
ただ、いかんせん、料金がけっこう高い…
なんだかんだで、電話とインターネット利用で、月8000円ぐらいします。

しかし、光コラボレーションなるものがあり、光コラボレーションにすると、料金がかなり安くなると聞きました。

電話回線で、大体今より1000円以上安くなり、AUスマフォを使っていますが、Sonet光にするとAUスマフォ料金が月々1500円さらに割り引かれるとのことです。

自分は、AUスマフォなので、Sonet光がお薦めですよということで、Sonet光にすることにしました。

 

Sonetの光コラボレーションへ乗り換えるメリット

NTTの人からは、NTTのフレッツ光からSonet光コラボレーションにかえると、今使っている電話番号やFAX番号をかえなくちゃならないかもしれないですよと言われて、どうしようか悩んでいました。
しかし、Sonet光に電話すると、今使っている電話番号・FAX番号をそのまま使えますよと言われ、ほっとしました。

性能・速度は全く一緒で、料金が安いので、僕はSonet光にします。

まだまだ光コラボレーションでNTT東日本から乗り換えしている人は少ないみたいだけど、話をきくと、デメリットは、ほとんどないのかなと思います。

あえてデメリットとしては、もしSonet光をやめると、今の電話番号・FAX番号が使えなくなるおそれがあることぐらいかなと思いました。

他には、
・30ヶ月自動更新で、解約金は7500円
・NTTのフレッツ光のオプションの「オフィスまるごとサポート」がSonet光では利用できない
と聞きましたが、べつにどちらも気にすることではないのかなと思いました。

もし、今、NTTのフレッツ光にしている人がいて、料金の削減を考えているなら、検討の余地ありです。

So-net光 コラボレーションはこちら
https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/collabo/

※この記事は、2017/11/1現在のものです。その後、情報がかわると思うので、ご留意ください。

投稿者プロフィール

弁護士水谷真実
弁護士水谷真実
東京の新宿の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみて下さい

プロフィール用の漫画を製作してもらいました(平成30年5月15日のブログです)... 自分のプロフィールのページに、プロフィール漫画を追加しました。  →プロフィールページ 漫画家の人に製作してもらったのではなく、陶芸家の人に製作をしてもらいました。 漫画家も陶芸家も、同じ芸術の分野なので、簡単に漫画を作成できるのかなと思ったけど、漫画の制作は難しかったと言われました。 詰め込...
某大手テレビ局の番組のスタッフの人から、突然電話がかかってきたけど…(平成30年9月11... 某大手テレビ局の番組のスタッフの人から、突然電話がかかってきました。 何かなと思ったら、事務所のホームページを見てとても素敵な事務所だと思ったので、 取材の場として使わせてほしいというものでした。 近くに勤務しているファイナンシャルプランナーの方の取材(インタビュー)をするために、事務所を使わ...
両国国技館の相撲教習所でわんぱく相撲の審判講習を受講して学んだこと平成30年4月9日(月)... 5月に新宿で開かれる小学生達のわんぱく相撲の運営を東京青年会議所新宿委員会が担当します。 そして、わんぱく相撲の審判には、審判の講習を受講しないといけません。そこで、講習を受講してきました。 相撲教習所 わんぱく相撲は、4月から 5月にかけて全国各地で開催されます。 講習には、立ち見も...
依頼者の方からいただいたこと 依頼者の方がいらっしゃり、スペインから一時戻られたご家族の方のスペインみやげをいただきました。 ガウディのとかげ(マグネット付) ガウディのとかげとのことです。きれいで、存在感があります。さっそく、事務所のかべのマグネットを貼れる部分にくっつけさせていただきました。 ス...
予約がとても困難?なはんこ屋さん(山本印店)で、助言と判子を作成していただく(平成30年11月20日... 判子を作りたいなと思っていました。 短い手紙を書くときに、名前の最後に落款を押したいなと思いましたし、もうずいぶんと同じ判子を使っているので、新しい判子が欲しいなと思っていました。 そうしたところ、ふと、数ヶ月前に聞いた話を思い出しました。 その話というのは、会社を設立したので、世田谷にある有名な...