飲食店への債権回収の第一歩(飲食店の経営者が個人か法人か知りたい)平成29年11月29日(水)

弁護士の水谷真実です。
次のお悩みを抱いている方がいらっしゃいます。

男性の場合1人で悩みを抱える方が多いです
経営者

飲食店に生鮮食品などをおろしていたところ、ある日突然、その飲食店が閉店してしまいました。売掛金20万円ぐらいが未回収のままであり、悔しいです。取り立てたいが、どうしたらいいでしょうか。


この場合、裁判所をとおして請求するにしても、相手の名前と住所が分からないとはじまりません。
そこで、その飲食店がある保健所に問い合わせると良いです。

保健所に、お店があった住所やお店の名前を電話口で言えば、保健所によっては電話口である程度応えてくれる場合があります。
もしくは、直接保健所まで出向き、保健所にある台帳をみることになります。お店が、保健所に営業の届出をちゃんとしていれば、のっているかと思います。

なお、お店が営業の届出をしていなかったり、廃業したりしていて、台帳に載っていなかったら、弁護士会を通じて、弁護士会照会を保健所に行えば、詳しい情報が得られることもあります。

いずれにせよ、なかなか1人では解決しないので、弁護士に相談して、アドバイスをもらいながら進めていくのがいいと思います。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時

この記事を書いた人

弁護士水谷真実

弁護士水谷真実

東京の新宿駅の近くの新大久保で、弁護士事務所開業。弁護士6年目の若手。離婚事件、一般民事事件、新大久保近辺に住む方々の事件、外国人の事件。ブログは主に仕事、その他気の向くままに。
ご相談いただいたことは、一生懸命対応します。アフターフォローにも力を入れています。来所が難しい方のために出張相談を承ります。悩んだら、思い切ってお問い合わせ・ご相談ください。

詳しいプロフィールはこちら。