不倫慰謝料

Q 不倫慰謝料とは何だろう?

配偶者との不貞行為(不倫)により精神的苦痛をうけたことを理由として配偶者の不倫相手に対して行う慰謝料請求です。

まず、夫婦は婚姻をしたことにより、配偶者に対して貞操義務を負い、また、貞操義務を履行するように配偶者に対して請求できます。
そのため、不貞行為、すなわち、配偶者の一方と性行為をした者に対して、他方の配偶者は不法行為を理由に慰謝料請求をすることができます。

Q 不貞行為を理由に夫婦の一方と性行為をした者に対して慰謝料請求ができるのは、どのような場合?

≪最高裁判所の判例≫

最高裁判所の判例は、「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかにかかわらず、他方の配偶者の夫又は妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、右他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰藉する義務がある」としています。

すなわち、不貞行為を理由に第三者に対して慰謝料請求できる場合を広く認めています。

【具体例】

  • 配偶者が強姦された場合
  • 配偶者が第三者合意の上で肉体関係を持った場合
  • 配偶者が浮気をして浮気相手から養育費を請求された場合に、逆に浮気相手の女性に対して不貞行為を理由に慰謝料請求

をする場合にも認められます。

Q 夫婦の一方と肉体関係をもっても、不倫慰謝料を請求されない場合はどのような場合?

最高裁判所判例の考え方

【結論】

最高裁判所の判例は、婚姻生活のある夫婦の一方と肉体関係をもったとしても、肉体関係をもった当時既に婚姻関係が破綻をしていたときは、特段の事情がない限り、夫婦の一方と肉体関係を持った者は不倫慰謝料を請求されないとしています。


【理由】
その理由として、最高裁判例は、「婚姻共同生活の平和の維持という権利または法的保護に値する利益を侵害する行為ということができるからであって、婚姻関係が既に破綻をしていた場合には、原則として、このような権利または法的保護に値する利益があるとはいえないから」と述べています。
すなわち、配偶者の一方と肉体関係を持つ行為は、夫婦の一方が他方に対して貞操義務を履行するように請求する権利を侵害するとしているのではなく、夫婦の婚姻生活を維持していくことを侵害するものだとしています。

婚姻関係が破綻していた場合とは?

調停や裁判になった際、主張や証拠に基づいて判断していきます。

【具体例】

別居後に夫婦の一方が第三者と肉体関係をもった場合

  • 家庭内別居状態であったか
  • いつ別居をしていたか
  • 別居後夫婦間で連絡をとりあっていたか

等を主張して証拠も提出していくことになります。

Q 夫婦の一方が第三者と同棲をした場合、第三者に対する不倫慰謝料はいつまで請求できるか(消滅時効の問題)

夫婦の婚姻生活が続いている場合の消滅時効

≪判例(最一小判平成6年1月20日)≫


【結論】

夫婦の一方が他方の配偶者と同棲をした第三者に対しての慰謝料請求権の消滅時効の開始時期は、同棲関係を知った時から進行するとしています。
判例は、同棲が終わったときからではなく同棲関係を知った時から消滅時効が進行するとしています。

【理由】

その理由としては、夫婦の一方が同棲関係を知った時点で精神的苦痛を被るので、第三者に対して慰謝料請求を認めるべきとしていると考えられます。

同棲により離婚に至った場合の消滅時効

≪判例(東京高判平成10年12月21日)≫

【結論】

夫婦の一方は、第三者が他方の配偶者と同棲することにより離婚することを余儀なくされた場合、第三者に対して離婚をしたことによる精神的苦痛をうけたことを理由とする損害賠償請求は、離婚成立時から消滅時効が進行するとしています。

【理由】
 
その理由としては、離婚をしたことによる損害は離婚が成立したときにはじめて離婚による「損害・・・を知った時」(民法724条)といえるからです。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時