解決までにかかる時間

弁護士に依頼をした場合に、解決にかかるおおよその時間をまとめました。

熟年離婚の場合

離婚と婚姻費用の調停で数ヶ月はかかります。
その後、離婚の調停がうまくまとまらない場合は、離婚の裁判となります。

熟年離婚の裁判では、途中で和解に至らず最後の裁判までいくとなると、1年6ヶ月ぐらいかかる場合があります。
熟年離婚の場合、財産が多くあるので、財産分与の争いが激しくなりがちです。
また、離婚前に別居をしており、かつ、別居後に不倫をしていると、いつの時点で婚姻関係が破綻をしていたかが争点となります。
最後の証人尋問までいくとなると、尋問の準備期間もありますので、1年6ヶ月ぐらいはかかる場合があります。

婚姻費用の調停

調停委員の性格・力量や、事件の内容により多少異なってきます。

すんなりいけば、2回ぐらいで終わります。だいたい、2か月くらいで、婚姻費用についての調停が成立します。

婚姻費用を定めるための資料を準備するために多少時間がかかる場合があります。
この場合は、3回か場合によっては4回調停をやることもあります。

離婚の調停

婚姻期間が短い若いご夫婦の場合は、それほど時間はかからないかと思います。
不倫などではなく、性格の不一致により、別居をした場合は、別居後だいたい6ヶ月くらいで離婚が成立するでしょう。離婚の調停までに3ヶ月くらいかかり、離婚の調停をしてから3ヶ月くらいで離婚が成立するでしょう。

簡易裁判所での事件

簡易裁判所は、原告の請求額が140万円の事件について扱います。
すなわち、簡易裁判所は、比較的少額で軽微といえる紛争を扱います。そこで、簡易裁判所は、迅速かつ簡易な解決を企図しています。
そのため、2~3回の期日で終わることがままあります。訴えてから2~3ヶ月ぐらいで和解や判決までいきます。

例外的に、不動産がらみの事件などで、弁護士が代理人となって争いとなると、訴えてから1年ぐらいかかることもあります。

ただ、簡易裁判所での事件は、基本は迅速さが求められるものです。
そこで、2~3回で終わると考えて良いでしょう。

もし、長くかかりそうなら、簡易裁判所から地方裁判所へ移送して審理をすることを考えた方が良いでしょう。
地方裁判所で審理をする方が、かえって迅速で適切な解決になることも十分あります。

風俗店などで男女が深い関係になった場合の交際解消など

相手が金銭的な解決を望んでいる場合

女性(男性)が金銭的な解決を望んでいるのならば、比較的短期間で解決します。
女性(男性)と話し合い、お支払いする金額について話がまとまれば、それで解決になります。

弊事務所が代理人となった場合、依頼を受けてからだいたい1〜2週間ぐらいで解決するかと思います。

心から好きで未練がある場合

この場合は、長期化する場合があります。

相手の女性(男性)が、「お金の問題ではない。」「また、会いたい。」「交際を解消するならば、代わりに〇〇しないと納得できない。」と言ってくる場合があります。

そのため、すんなりとは解決しない場合があります。

弊事務所が代理人となった場合ですが、金銭的にいくらお支払いするという話は、すぐにまとまります。
だいたい、ご依頼をうけてから1〜2週間ぐらいで、金銭的な面では話がまとまります。
ただ、相手の女性(男性)にまだ未練が残っている場合には、さらに数ヶ月かかる場合があります。
時間の経過と共に、自然消滅となっていくでしょう。

刑事弁護

在宅事件(道路交通法、否認)

飲酒運転の容疑で、在宅で捜査対象となった場合、解決までに数ヶ月ぐらいかかります。

警察に2〜3回呼ばれて、事情聴取をうけます。
そして、実際に現場に警察官と一緒におもむいて、事件当日の状況を説明します。
その他に、例えば取り締まり強化期間などに当たり、捜査が遅々として進まなくなる場合があります。
警察の捜査が終了したら、次は、検察の捜査をうけて最終判断がなされることになります。

まこと法律事務所での依頼者との相談

お電話のお問い合わせはこちら

ブログなどを読んで、もっと聞いてみたいなということがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

その他、不安や悩みなどがありましたらご相談下さい。

お電話での時間:午前9時から午後8時までです(土曜日は、午前9時から午後5時までです)

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時