婚約破棄

婚約破棄をされたと考える場合、相手に損害賠償請求をすることができます。

次のようなお悩みをお持ちの場合ご相談ください

  • 婚約したのに暴力を振るわれて婚約を破棄された
  • 病気を理由に婚約を破棄された
  • 婚約を会社の皆に告げたのにいつまでも結婚を先延ばしにされる

請求の一般的な流れ

相手に連絡

婚約破棄をされたことを伝える。
そして、慰謝料の請求をする。

話し合い(交渉)

慰謝料を支払うように交渉をする。

話し合いが決裂

話し合っても、相手が婚約破棄を認めず慰謝料を支払わない場合があります。

裁判所に訴える

裁判所に訴訟を提起します。

時効について

婚約破棄は、債務不履行です。
そのため、時効は5年ないし10年となります。

(債権等の消滅時効)
民法166条 債権は、次に掲げる場合には、時効によって消滅する。
 債権者が権利を行使することができることを知った時から五年間行使しないとき。
 権利を行使することができる時から十年間行使しないとき。

e-Gov

婚約破棄に伴い、暴力がある場合は、暴力について不法行為が問題となります。
暴力部分(不法行為)についての時効は、5年ないし20年です。

(不法行為による損害賠償請求権の消滅時効)
民法第724条 不法行為による損害賠償の請求権は、次に掲げる場合には、時効によって消滅する。
一 被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないとき。
二 不法行為の時から二十年間行使しないとき。
(人の生命又は身体を害する不法行為による損害賠償請求権の消滅時効)
第七百二十四条の二 人の生命又は身体を害する不法行為による損害賠償請求権の消滅時効についての前条第一号の規定の適用については、同号中「三年間」とあるのは、「五年間」とする。

e-Gov


解決までにかかる時間

婚約破棄の場合、単純にお金を支払って終わりという訳ではありません。
婚約破棄をされた側は、深く傷つき、相手に対して憤りの感情を抱いていることが多いです。

一方、相手の側も、自分は悪いわけではないと考える方も多いです。

そのため、解決まで長引くことがままあります。

裁判所に訴えるまでに、色々とお互いの要求をつきあわせますが、場合によっては何ヶ月もかかることもあります。

裁判所に訴えた場合は、途中で和解の話し合いができれば良いのですが、和解を望まず最後まで闘うという方もいらっしゃいます。
和解をせずに、最後の判決までとなると、場合によっては裁判は半年から1年はかかります。

単純な婚約破棄だけではなく、暴力をうけて怪我をしたなどがありますと、より解決までに時間がかかります。

まこと法律事務所での依頼者との相談

悩まれているなら〜ご連絡下さい(初回無料)

悩みや不安を抱えているならば、まずご連絡ください。

お力になります。


welcome@41bengo.com

営業時間・情報

03-6279-3177
平日:午前9時 - 午後8時
土曜日 : 午前10時 - 午後5時